高齢になってペットを亡くしたお客様/ペットロス相談室

ファンデルワンの三浅です。

当店ではペットのオリジナルグッズを作っていますが、ペットロスの方への贈り物に使われることもあります。

お客様とお話をしていくと、皆さんが直面している様々なお悩みが見えてきます。

本日はペットを亡くされた高齢者や、介護施設に入所してペット達と離れ離れになった方の現状をご紹介します。

ペットを亡くされたおばあちゃんからの電話

ある日、当店へ電話がかかってきました。

ご高齢の方で、息子さんから猫ちゃんのひざ掛けをプレゼントされたそうです。

猫のひざ掛け

(この見本は我が家の猫です)

どうしても直接お礼が言いたかったそうで、息子さんに当店の連絡先を聞いてお電話下さいました。

作成させて頂いたのは亡くなった猫ちゃんだそうです。

今まで猫を飼っていて、亡くなっても他の子が居たりまた新しい子の里親になったりして常に猫と暮らしていたそうです。

しかし自分も高齢になり、いつまで面倒を見られるか分かりません。

そこで今回のお別れを最後にして、もう猫を飼うのは終わりにしようと思っているそうです。

おばあちゃんは一人暮らしで息子さんが気にかけて下さっているそうですが、猫たちと暮らした家で今後も暮らしたいという希望もあり、家を離れる気はないとの事。

そこで息子さんが猫たちとの思い出を形にして残したいと、オリジナルのひざ掛けをプレゼントしてくれたそうで、とても嬉しそうにお話して下さいました。

お電話中には時々涙声になることもありましたが、これからもお元気で猫ちゃんたちとの思い出を大切にして過ごして頂きたいと思います。

介護施設に入って愛犬に会えなくなったおばあちゃん

ある日、こんな依頼がありました。

お母さまが高齢になり介護施設へ入所されたそうです。

家族全員が愛犬家で、ワンちゃんを中心に家族の会話が弾む仲でした。

日中は一人になるお母さまですが、愛犬が良き話し相手になり、年齢の割にはとてもお元気だったそうです。

しかし介護が必要になり、とうとう施設へ入所することに。

そこで一番つらかったのが愛犬と離れ離れになる事だったそう。

入所後も何度も「会いたい、会いたい」とつぶやくお母様の誕生日に、ワンちゃんのオリジナルクッションをプレゼントされました。

施設にはペットを連れていくことはできませんし、アニマルセラピーを行っている施設も少ないです。

このような場面で当店のクッションが使われることもあります。

高齢者がペットを飼う事について

高齢者がペットを飼うメリット

ペット好きに年齢は関係なく、高齢の方でもペットが居ることで癒されたり気持ちが前向きになったりします。

老人介護施設ではペットセラピーを行っているところもあると聞きます。

ワンちゃんであれば散歩に連れて行くことで足腰も丈夫になるでしょう。

猫が膝の上に乗って来てくれたらとても癒されます。

独り暮らしでもペットがいれば話し相手になりますし、世話をすることで責任感が生まれて精神的にも安定します。

そんなペット好きな高齢者にとって、ペットと離れて暮らすことはとても寂しい事だと思います。特に一人暮らしならなおさら寂しいでしょう。

高齢者がペットを飼う前に注意する事

しかし、飼い主が高齢である場合、注意すべきこともあります。

例えば、自分が病気になったり施設に入ることになったりして、世話が出来なくなる可能性があります。

また、金銭的に厳しくなるかもしれません。

独り暮らしのお客様で、自分が病気で入院しなければいけないけれどペットが居るから病院に行くのを控えているという人もいます。

それらの可能性を考慮し、そのような場合にどうするかを予め考えておく必要があります。

預けられる家族はいるか、協力してくれるご近所さんはいるか、そして相談できる人はいるか、ちゃんと考えておきましょう。

当店のお客様の様子

自分がいつまで面倒を見られるか分からないという理由でペットを飼うのを控えているお客様からご注文を頂いています。

ペットを飼う代わりにクッションを置いておきたいという理由です。

また、ご家族からおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントに使われる場合もあります。

ペットは飼えないけれど、クッションやひざ掛けが飾ってあるとそこにうちの子がいるみたいだと言って頂けます。

天国の愛犬の思い出のグッズ

詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする