ペットロスが酷く、毎晩泣いている人へ。泣かずにいられる方法はあるの?

ペットロスについて考えています。

ペットとのお別れが辛く、毎日、毎晩のように泣いている人がたくさんいます。

泣かずに済む方法や元気を出す方法はありませんか?と聞かれます。

私はむしろ、いっぱい泣くことをお勧めしています。

泣くのが良い理由

泣ける人は気持ちが素直な人だと思います。

ペットへの愛情が非常に強かった人で寂しさに耐えられない人もいるでしょう。

そんな時、涙を我慢すればするほど辛さは蓄積されていきます。

日中は仕事で頑張っている人や、他人と会うときに無理をしている人の中にも、自宅に帰った時や寝る前などには泣いてしまう人がいると思います。

それはたまったストレスを涙で流しているのだと思います。

泣くことを悪い事だと思わないでくださいね。

でも泣くのは体力も使いますし、出来るなら泣かずに(寂しくても)頑張れるようになりたい。

そんな人は次の行動に移しています。

気持ちの支えになる物を持つ

私はニット(編み物)の工場で働いています。

その技術を使い、編み物でペットをデザインしたクッションやブランケットを作っています。

お客様から言われる言葉がこちらです。

あの子に会えた
あの子がそこに居るみたい。
これを支えに、明日から頑張れる。

つまり、何か支えになる物を持ったり、きっかけを作るのが良いと思います。

それは時には物でも良いですし、誰かの言葉だったり、自分の行動だったりします。

毎日のように届くお悩みメールと一緒に、一番多く頂くご注文はクッションです。

抱きしめるクッション

ニットクッションの詳細はこちら

お別れのけじめ

大切なのは物だけではありません。

きっかけを自分で作ってみるのも大事な事です。

ペットとお別れ(お見送り)が出来ていない人がいます。

そういう場合はただただ、辛い時間が長引くだけです。

ペットちゃんの為にも、ちゃんと火葬するなどして自由にさせてあげて下さい。

私は、体から抜けたペットの魂は天国へ旅立って幸せになると思っています。

寂しいけれど、彼らの幸せを見送ってあげましょう。

お葬式をあげたり火葬にしたり、祭壇を作ったり…

そのひとつずつの行動がお別れを受け入れるステップだと聞きました。

泣ける場所(ペット達が帰って来れる場所)を作る

これからもずっと、ペットと私達とは心で繋がっていると思います。

家の中に、ペットが帰って来れる場所を作るのもお勧めです。

そこを、自分が泣いても良い場所と決めて、泣きたい時にそこに行くのです。

そうすると、そこが天国のペットに会える場所のような気がしてきて、気持ちが落ち着くかもしれません。

ソファーに置けばまるであの子がそこにいるよう。
抱きしめればニットのぬくもりがあの子の体温に似ている。

このようにお客様から言われることもあります。

その様子はペットメモリアルグッズがもたらす気持ちの変化をご覧ください。

クッションだけではなく、2つ、3つとご注文される方もいらっしゃいます。

soraちゃん

コットンブランケットとクッションのセット。

ブランケットの詳細はこちら

泣けないのが一番つらい

泣いているのはとても辛く、寂しからでしょう。

私も犬と猫を見送った経験があり、涙腺の弱まる年のせいもあり、涙をぼろぼろ流していました。

しかし、お客様の中にはクッションが届いた時に初めて泣けたという人もいます。

それまでは死を受け入れられず、ただ茫然としていたそうですが、クッションを見て初めてペットの死と向かい合えたとも言われます。

今まで我慢していた気持ちが一気にあふれるのでしょうね。

でもその次の日からは前向きな気持ちになったという声も届いています。

こちらの記事もご覧ください。

ペットとの別れが辛い時は泣ける場所を作って、ちゃんと泣く

それでも何日も泣いてしまう人は

何日も泣き続け、自分はいったいどうなってしまうのかと心配することもあります。

周りの人(家族など)にも迷惑が掛かっていると思ってしまう事もあります。

そんな時は、家族に甘えてみませんか?

そして、泣いている自分を許してみましょう。

辛いことがあったのです。

悲しくて泣いてしまうのは仕方のない事です。

泣いてしまう自分を許し、明日も、明後日も、泣いても良いと思いましょう。

大丈夫。

その悲しみは、いつか幸せに変わります。

ペットを心から愛していた証であり、悲しければ悲しいほど深く愛した証だと思えば悲しくても嬉しくなってきませんか?

これはお客様から教えて頂いたお話です。

悲しみや辛さは愛していた証。

詳しくはこちらをご覧ください。

寂しさこそが愛した証・ペットロス克服経験談