ペットメモリアルグッズがもたらす気持ちの変化・ペットロス乗越え中

ペットのメモリアルグッズには様々な力があります。

ここでは、お客様が感じている気持ちの変化を紹介します。

抱きしめるクッション

思い出・ぬくもり・抱きしめて

ニットで作る、ペットメモリアルグッズ

ファンデルワンとの出会い

当店「ファンデルワン」には、ペットロスで悩む人たちが日々訪れています。

一部の方はクッションなどをご注文下さいますし、サイトの写真や文章に癒されたと言いうお便りも届きます。

私やお客様の体験談も載せています。

そんな方々がよく言われることが、亡くなった○○ちゃん(ペット)が、ファンデルワンとの出会いをくれたと言って下さいます。

これは私にとってとても嬉しい事です。

私も愛犬、愛猫を亡くし、ペットロスを経験しました。

その経験で分かったことや感じたことも沢山あります。

その子たちが新しい出会いを導いてくれることは、新たなご縁の始まりでもあります。

ペットを亡くし、心に大きな穴が開いたような虚しさや寂しさを感じる日々。

そんな時に当店ファンデルワンと出会い、迷うことなくすぐにご注文下さるお客様。

中には今の心境をお話下さる方もいらっしゃいます。

お悩み相談はこちら

そしてお客様と私とのメール交換が始まるのです。

作成についてのご案内はもちろんですが、ペットを亡くされた今の心境をお聞きしたり、私の経験をお話ししたり・・・。

辛い気持ちを今まで誰にも言えなかったというかたも多く、私がお話を聞いた事で心が軽くなったと言われます。

独りで抱え込むのはとても辛い事です。

私は話を聞くことしかできませんが、皆様の心が救われるならとおもい対応しています。

参考記事:ペットロスの辛さを誰かに相談すると楽になることもあります。

商品が届くまでの気持ちの変化

ご注文時には泣いていた人も、亡くなったペットの話をしてくれたりデザインの打ち合わせをさせて頂いたりするうちに、少しずつ元気になってきます。

メールの内容も前向きになり、お電話での声も元気そうになってきます。

そして商品が届くのをとても楽しみにされます。

つまり、今までは「寂しさ」だった気持ちから「楽しみ」に変わっていくのです。

楽しかった思い出を思い出す時間

私たちはペットロスを癒す方法の一つとして、写真を眺めたりアルバムを作ったりすることをお勧めしています。

その理由はこちら → ペットロスの克服方法/写真を印刷し、アルバムを作り、コメントを書く

メモリアルグッズを作る時には、当然お写真を選んで頂きます。

その写真を選んでいく中で、ペットとの楽しかった思い出を思い出すでしょう。

かわいい写真も沢山出てきます。

その時間が皆さんの気持ちの変化にもつながっていると思います。

後悔や罪悪感にさいなまれている人もいるかもしれません。

そんな人も、写真を見ているうちに楽しかったことを思い出すはずです。

ペットを死なせてしまった後悔や罪悪感から立ち直ったきっかけを読んでみて下さい。

あの子が帰ってきた、うちの子に会えた

お届け後はこのように言われます。

「うちの子が帰ってきた。」

クッションを、いつも寝ていたソファーに置いておくというお客様。

ひざ掛けを布団に掛けて寝ているというお客様。

車の助手席に、ベッドの枕元に、皆さんがそれぞれペットのいた場所に飾って下さっています。

そうすると、まるであの子がそこにいるようだと言われます。

メモリアルグッズの役割

私たちが作るメモリアルグッズは、ただの作品にとどまりません。

それは皆様のお気持ちであったり、大切な思い出です。

私もペットロスを経験し、そのお気持ちがよく分かります。

一つひとつ心を込めて、作成させて頂いています。

自己紹介

メモリアルグッズに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする