我が子(愛犬)と目が合ったとたん涙があふれて止まりませんでした

Bさま:
ひざ掛けの箱を開け、我が子と目が合ったとたん涙があふれて止まりませんでした。夫に、それだけ涙が出るほど愛して、頑張ったんだから、もう後悔は止めよう。と言われ、そしてまた更に泣いてしまい…
夫の前で泣くなんて初めてで、前向きな気持ちで泣けた気がして、本当に救われました。

ペットの写真で作るグッズ

ファンデルワンの三浅です。

同じような会話が我が家でもあり、自分の経験を思い出しました。

私も猫を診取り、涙があふれてきました。

「それだけ愛されていたんだから、マロちゃんは幸せだね」

と妻に言われ、どれだけ救われたか。

自分はどれだけペット達を愛してやれたのか。

それはとても不安です。

飼い方に問題はなかったかと自分を責める事もあります。

そんな時に客観的に「ちゃんと愛していた」と言って貰えると、飼い主としては救われるのです。

私たちの作る作品はそのきっかけを作っただけかもしれません。

愛していた気持ちに気付かせてくれた作品となれるよう、作成に励んで参ります。

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。

楽天