ペットロスで眠れなかった日々が解消された/ペットメモリアルグッズの役割

私は先日、飼っていた猫を天国へ見送りました。

その後数日が経ち気持ちは落ち着いてきましたが、今は夜が来るのが怖く感じます。

寝付けないし、夜中に何度も目が覚めます。

その様子はこちら

お客様にも同じような症状を抱えている方がいらっしゃいます。

その方たちが、商品お届け後に眠れるようになったと言って下さいます。

私たちが作っているのはメモリアルグッズですが、これこそ(お客様に寄り添う事)が私たちの役目だと感じています。

寂しさが解消され、気持ちが前向きになれた

ペットロスによる不眠が解消される一番大きな理由は、気持ちが前向きになれる事ではないでしょうか。

家族からプレゼントされたという人は、家族の支えを実感でき、家族のありがたさを感じたと言います。

参考記事:一緒に悲しんでくれる人の存在

ご自身で注文する場合も商品が届くまでの期間が楽しみになり、前向きな気持ちを持てたと言われます。

そういう気持ちの変化起きて不眠が解消されたのかもしれません。

一緒に読んでほしい記事:メモリアルグッズがもたらす気持ちの変化

亡くなったペットと一緒に寝ていたお客様

ペットと一緒に寝ていた人も多いでしょう。

これからは一人で寝なければいけないと思うと、夜が寂しく不安になると思います。

しかし、当店のクッションを枕元に置いてから良く眠れるようになったと言われます。

ひざ掛けマルチカバーを二つ購入する人は、一つは枕カバーに、もう一つは保管用にしているそうです。

ひざ掛けハーフ

夢で逢えそう

天国のペットに夢で逢えそうだと言われることも・・・。

不眠だった人が商品を受け取った後に言われる言葉、それは、

「あの子の夢を見れそう」

ペットに会いたいという人も沢山います。

私も愛犬ムックが亡くなった頃は何度か夢でムックに逢い、起きた時に癒され方に驚きました。

もし私たちが作るメモリアルグッズをきっかけに、ペット達と夢で逢って頂くことが出来ればこれほど嬉しい事はありません。

まさに皆様とペット達との懸け橋になれたような気分です。

関連記事:亡くなったペットに会いたい

抱いて寝ています

クッションを抱いて寝ています。

そういわれると私も嬉しい。

クッションが届いた日から毎日抱いて寝ていますと、お礼のメールが届きました。

それまで不眠気味だったけれど、クッションを抱いていると朝までぐっすり眠れるそうです。

愛犬と一緒に寝ていたそうで、その時のぬくもりを感じると言って頂きました。

プリントではなく、編み物で作るからこそ味わえる感覚かもしれませんね。

編物で作成

編み物で作るメモリアルグッズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする