眠れない、夜に何度も目が覚めるペットロスの症状

ペットロスの症状の一つに、不眠があります。

お客様からもよく言われます。

今日は私の経験をお聞きください。

私は2007年7月に猫を天国へ見送りました。

これを書いている今日は猫が亡くなった2週間後です。

日常生活は送れるのですが、一人になった時や、家に帰り猫と暮らした空間に戻った時に急に寂しくなります。

そして、一番辛くなる時間が夜です。

寝る時間なのに何となくテレビばかり見てしまう。

寝室に行きたくない。

部屋の電気を消すのが怖い。

まだマロが居そうな気がするし、消しちゃうと一人になってしまいそな気もする。

家族は先に寝ていますし、私に早く寝るように言ってきます。

私を想って言ってくれているのは分かるのですが、体が動きません。

さっきまで不通に動けていたのに・・・。

夜中には何度も目が覚めますし、朝もぐったりした感覚が残ります。

寂しい時は夜な夜な、猫のアルバムを見ます。

写真をたくさん撮っているので、パソコンの中から印刷する物を選んだりもします。

こんな時はなぜか、もう一匹の猫(ソラ)は私に近づきません。

ソラも寂しいのかな・・・?

もう一匹の猫

お客様からは、クッションを抱きしめた日はよく眠れると言われます。

これは亡くなったマロのクッション。

職場にはこのクッションが置いてあり、時々目に入ってはマロの事を思い出しています。

このクッションを抱きしめるとよく眠れるのだそうです。

皆様の支えになっていれば私も嬉しいです。

関連記事

ペットロスで眠れなかった日々が解消された/ペットメモリアルグッズ

三浅俊幸

プロフィールを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする