ファンデルワンさんのクッションと膝掛けがあったから、この一年過ごすことができ、感謝しかありません

haruchika8より:
2022 年 5 月 29 日 9:58 PM
愛猫を虹の橋へと見送り1年たちました。別れは想像を絶する喪失感でしたが、ファンデルワンさんのクッションと膝掛けがあったから、この一年過ごすことができ、感謝しかありません。そして、猫と暮らす幸せを教えてくれたあの仔の気持ちに導かれるように、縁あって保護猫を迎えました。まだまだクッションを抱きしめてあの仔のあたたかさに包まれる時間を大切にしていますが、やはり、家の中に猫の気配がすることは、いいですね。まだ抱っこもさせてくれませんが、あの仔のベッドであたりまえのようにくつろぎます。あの仔のクッションがあたたかくみまもっています。
ペットロスからのご縁でファンデルワンさんと出会えたこと、私にとっては奇跡で必然でした。
ペットを愛する多くの方が、ファンデルワンさんと巡り会えること、心から祈ります。
ありがとうございました。
クッション

1年前、ご注文下さり、当時は最愛の猫ちゃんを亡くされ、とても苦しんでおられました。

今でも悲しみは続いているそうですが、なんと新しい猫ちゃん(保護猫)を受け入れたそうで、今は徐々に距離を縮めている段階だそうです。

お届け後のLINEのやり取りも多かったので、開催中のプレゼント企画に応募してみませんか?と連絡してみたら投稿して下さったと言う次第です。

プレゼント企画、詳細はこちら

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

ずっと一緒

私たちのお届けしているのはクッションではなく

「これからもずっと一緒」

という気持ちです。

詳細はこちらをご覧ください。

ずっと一緒

クッションの詳細はこちら

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。