ペットロス、何もやる気が起きない空虚、虚無感、倦怠感/ペットロス相談室

こんにちは、ファンデルワンの三浅です。

ペットのお写真を使った、オリジナルのメモリアルグッズを作っています。

抱きしめるクッション

本日ご紹介するお客様からのご相談は、ペットを亡くした後の心にぽっかり開いた穴についてです。

ペットを亡くし、何もやる気が起きないという相談

私も愛犬を亡くした経験があります。

そして、今は猫を飼っています。

そのため、お客様からペットロスの相談を受ける度に私もまたいつか猫たちとのお別れが来ると感じながら生活しています。

あの辛さ、心に大きな穴が開き、ため息ばかりが出て、何もやる気が起きない。

誰でも同じような感覚に陥ると思います。

家事も、仕事も、勉強も、何も手につきません。

世の中から一人ぽつんと取り残された感じです。

涙さえ出ない時もあります。

体も思うように動かず、何をしても身が入らない。

お客様からこのように言われた時、私は無理をせず、ゆっくる過ごされるようお勧めしています。

散歩や運動が良い場合もありますが、私はまずはゆっくり休んだ方が良いと思います。

そして、ちょっと動いてみようかな?と思ったり、前向きになってきたりしてから運動を始めてみましょう。

先の事は考えず、今なにもしない時間を作って、とにかく休んでほしいと思います。

心も体も疲れ切っていると思いますので、頑張って何かをしようとしてもうまくいきません。

「何もしない」というのは難ししかもしれませんが、「無理をしない」なら出来ると思いませんか?

どうかご無理の無いように・・・。

無理に元気づけようとするのは良くない

時々このように聞かれることがあります。

『趣味のドライブやショッピングに誘ってみたらどうでしょう。』

『お笑い番組を見たら元気になれるかも・・・。』

元気な人が聞くと良いアイデアと思うかもしれません。

しかし、ペットロスの人に対しては逆効果だと思います。

余計に疲れる。笑えない。乗り切れない。辛さがさらに増す。

このようなマイナス方面に思考が傾く可能性がありますので、自分が見たい、行きたいと思えるまではゆっくり過ごしましょう。

何をして過ごす?ペットロスの倦怠感

それでは何をして過ごせば良いでしょうか。

我が家の場合、家族みんながリビングに集まり、何となくだらだらとしていました。

母はソファーで寝ていたり、妹は愛犬の写真を見ていたり、私はぼーっとテレビを見ていたりしていたと思います。

こういう時は何も考えなくても出来る事が良いですよね。

今は庭付きの家に住んでいますので、庭の草取りなどは良いと思います。

日に当たりながらのんびりと。

庭がきれいにならなくても構いません。

家事が出来ないほど辛い時は一日だけ休んでみませんか?

ご家族の協力があれば1日くらい休んでも大丈夫。

何日も続くようであればご家族の理解や協力が必要になります。

また、ペットロス以外の理由も考える必要があるかもしれません。

参考記事:ペットロスが酷くて立ち直れない時はペットロス以外に原因がある場合も

元気になってきたら

時間が経てば気持ちも少し上向きます。

これはペットの事を忘れたのでは無いのでご安心下さい。

皆さんはペットの事は一生忘れることは無いでしょう。

彼らもその事を分ってくれています。

元気になってきたら少し出かけてみませんか?

ショッピングに出かけたり趣味の事をしたりしていると、少しずつ世界が広がっていくのを実感できるかもしれません。

ペットと思い出の場所を巡っても良いでしょう。

皆さんが元気になるのを天国のペット達も願っていると思います。

ペットロス相談室に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする