SNSでペットの死を報告する気持ち、理解できますが注意が必要

作業風景

編み物で作るペットオリジナルニット

ペットロスの相談に乗りつつ作品作りをしていると、様々なご相談を頂きます。

今回はSNSについてのお話しをしてみましょう。

SNSでペットの死を報告する人がいます。

すがる気持ちで投稿すると自分の気持ちが少し落ち着くので、その気持ちがよく分かります。

また、同じペットロスの人と繋がれる事もあります。

しかしこれに同情する人もいれば、そうでない人もいます。

実際には「良い気がしない」と感じる人もいますので、注意が必要です。

ファンデルワンのお客様にも、SNSで辛い経験をお持ちの方がいらっしゃいます。

皆様が同じ思いをすることが無いよう、SNSでペットロスを投稿する時の注意点について考えてみましょう。

まずはお客様の体験談をご覧ください。

Aさまより
クッション届きました。とても癒されています。実は先日SNSで猫が亡くなった事を投稿してしまい、お悔やみのコメントが沢山来て慌てて消したところです。クッションもアップしたい気持ちもあるけれど、少し落ち着いてからにします。いつも居たソファに置いてるとホントにそこに居るみたいです。

娘が飼っていた犬が死んでしまい、それをSNSに投稿していたので心配になって注意したところ、ちょっと娘ともめてしまいました。お詫びというわけではないですが元気になってくれたらと今回お願いした次第です。私の予想をはるかに超える喜びというか、泣いて喜んでくれました。娘にありがとうと言われたのは何年ぶりか、お願いして良かったです。ありがとうございました。

ペット写真クッション

目次

SNSの使い方

SNSはとても便利なツールです。

それと同時に、異なる価値観を持った人が同じ場で交流しますので、危険な一面も持っています。

時にはトラブルになることも・・・。

自分の投稿を誰が見ているか、誰に見られても良い内容なのか、公開範囲を指定しているかなど、気を付けなければいけないことがあり、それは使っている自分の責任になります。

SNSでペットの死を報告する人の気持ち

私も同じ経験があります。

先日猫が亡くなりました。

亡くなる前に、余命わずかだという内容を投稿すると、心配のコメントやメッセージがたくさん届いて驚きました。

翌日猫は亡くなったので、慌ててその投稿を削除しました。

投稿した時の気持ちは、純粋に猫がかわいかったからです。

でも、その気持ちがすべての人に届くわけではないですし、何気なく書いたコメント(余命わずか)が、自分の予想以上に大きく伝わる事もあります。

そしてペットが亡くなった時も、SNSで投稿する人はたくさんいます。

私も同じ気持ちになりました。

投稿したいと感じたのです。

その一番の理由は、かかわって下さった方々へ感謝を伝えたかったからです。

ほとんどの人は優しい言葉をかけてくれるでしょう。

でも、それを読んで良い気分がしないという人もいます。

同情を誘っていると感じる人もいます。

コメントしづらいという人もいます。

不謹慎だと感じる人もいます。

色々な価値観を持った人がいる場です。

私たちと同じ気持ちの人ばかりではありません。

投稿する際には十分気を付けた方が良いでしょう。

自分が傷つく場合もあります。

当店のSNS

私たちは商品お届け後も、お客様とSNSで交流させて頂いています。

そこではペットを亡くされた方が多いですので、ペットロスに関するコメントを頂くこともあります。

ラインイメージLINEはこちら

ロゴ https://www.facebook.com/amimono.vanderwan

ロゴ https://www.instagram.com/amimono.pet/

亡くなったペットの写真

ペットの祭壇の前に棺を置き、眠ったペット(死体)を撮影して、投稿する人もいます。

その気持ち、私も良く分かります。

飼い主にとってはかわいく、綺麗な写真なのです。

当店のお客様でも、商品お届け後にその写真を送ってくる方もいらっしゃいます。

我が家の猫が亡くなったのは今から3週間ほど前、つい最近です。

眠った猫はとてもかわいく、きれいで、まるでかわいいぬいぐるみのようでした。

写真に撮りたいと感じました。

でも、写真を撮ってしまうと、いつか誰かが偶然見てしまうかもしれません。

その時の気持ちを考えて、写真を撮るのを我慢しました。

亡くなったペットの写真を撮っている人は、案外多いようです。

そして皆さんが撮ってよかったと思っているようです。

この先、もう写真に撮ることはできませんし、ご自身で撮ってあげたいと思えば残しておくのもいいかもしれませんね。

SNSで死んだペットの写真をアップする人の気持ち

確かに飼い主にとってペットは、たとえ亡くなっていてもかわいく綺麗なものです。

最後に綺麗な姿を知人に見てほしいという気持ちもあるかもしれません。

その気持ちは分かりますが、しかし他の人にとっては、それは動物の死体です。

当然気持ちを害する人もいるでしょう。

その価値観の違いがあることを心に留めておきたいですね。

SNSでアップしたくなったら・・・

SNSでペットの死を投稿したいと感じる人は多いです。

私の知人でもアップしている人は沢山います。

そんな時は、公開範囲を「自分のみ」にして、一度アップしてみてはいかがでしょう。

又は、ごく親しい人のみが見えるような設定にしてみましょう。

家族のみ、又はペット関連の友達だけが見える設定で投稿してみませんか?

『寂しい時こそ話して欲しい』と言ってくれる友達もいると思います。

そんな時はちゃんと支えてもらいましょう。

記事一覧

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。