送別会、気の利いたプレゼント

送別会を行う事になりました。

その人はペットを飼っているので、オリジナルクッションをプレゼントしたいです。

と言うお客様に聞きました。

『他にどんな物を贈りますか?』

参考になりそうな意見が聞けましたのでご紹介します。

今回選んだ、送別会でのプレゼント

まずは、今回なぜ当店のペットオリジナルグッズを選んだか聞いてみました。

ファンデルワン

詳細はこちら

第1位の理由

たまたまサイトを見つけ、相手がペットを飼っているのでこれは良いアイデアだと思った。

編み物で作っているのは見たことがなく、高級感もあるしプレゼントに良さそうだったから。

第2位の理由

お急ぎコースがあったから。ペットのオーダーグッズを探していたけれど、他のショップは作成日数が間に合わなかった。こちらのサイトはお急ぎコースがあったし商品も良さそうだったから。

以上2パターンの回答を頂きました。

ほぼ全ての人が第1位の理由です。

送別会では他にどんなプレゼントを贈りますか?

送別会で今回のペットのクッションと合わせて、他にどんなプレゼントを贈るか。又は今まで送別会で贈ったプレゼントの中で、良かったと思えるものやお勧めの商品はあるか聞いてみました。

転勤先の地域で活躍しそうなアイテム

転勤先の気候や風土に合わせたプレゼントがお勧めだと言う意見が多かったです。

転勤先が雪国だったという方で防寒具をプレゼントしたと言う答えがありました。普通のおしゃれなマフラーと、もうひとつウケ狙いで大きな長靴をプレゼントし、会場も笑いに包まれたそうです。楽しそうな職場ですね!

その他雨の多い地域には傘を、食文化の栄えた静岡や金沢に行く人には箸をプレゼントしたことがあると言う意見がありました。

家電製品

炊飯器やポットなどの電化製品をプレゼントしたと言う意見をご紹介。単身赴任で男性が一人暮らしを始めるという場合が多いようですが必要な物をそろえなければならないので喜んでもらえそうですね!欲しい物を聞くのも良いかもしれません。

欲しい物を聞く

欲しい物を聞くという意見もありました。記念品などは実用性がない場合もあり、結局ムダになってしまいます。転勤先で一人暮らしになるなら荷物はなるべく少なくしたいでしょう。そこで欲しい物や必要な物を聞いて、それをプレゼントすると言う回答がありました。

趣味に関する物を贈る

フットサルやランニングなど趣味を持っている人へ、Tシャツやタオルなどのスポーツ用品をプレゼントしたと言う意見がありました。

シューズなどのサイズがある物は難しいかもしれませんが、タオルなどはプレゼントしやすいかもしれませんね!そして自分の趣味に関する物なので喜んでもらえるようです。

ただし拘りのあるような趣味や専門的な物は控えた方が良さそうです。

物以外でお祝いする送別会

意外と多い意見、そして面白い送別会のお祝い方法、それが物以外のお祝いの仕方でした。

替え歌

社員で替え歌を歌ったというお客様がいらっしゃいました。

皆でカラオケに行き、会社のネタを使って歌詞を書き、曲に合わせて歌ったそうです。

坂本九さんの「明日があるさ」に合わせて、

「○○(転勤する人)がいたから頑張れた」

などと歌ったそうです。

そんな素敵な職場で私も働きたいですね!

寄せ書き

寄せ書きは記念品とも違うし便利グッズとも違うけど一番喜ばれる物かもしれません。

みんなの言葉がストレートに伝わってきますし、いつまでも読んでいられるものです。

勤務暦が長かったり職場に愛着があればあるほど嬉しさが高まるものですよね。

これはお勧めと言われると納得できます。

商品券

商品券と聞くと賛否分かれるかもしれません。

でも、こんな商品券はいかがでしょうか。

それは、使えるお店が限られている、店舗発行の商品券。

例えばスポーツ用品店やホビー雑貨店などが発行している商品券です。

スポーツをしている人ならこれをきっかけにTシャツやタオルでも買おうかなと思ってくれるでしょう。

趣味に関するものなら以前から欲しかった物を買う良いきっかけになるかもしれません。

使える店舗が限定してあれば、その分野の関連のプレゼントとして受け取ってもらえますね!

送別会のプレゼントはアイデア次第!

送別会を開く機会は転勤や退職、引越しなどが多いと思います。

その時には物や記念品でお祝いする場合もあれば「思い出つくり」に重点をおく事もあるようです。

その中でも気を利かせたプレゼントは皆さんの参考になるかもしれませんね。

別れの場面ですので、プレゼントに適さないと言われるハンカチなどでも良いと思いますし、櫛がダメだと言われても単身赴任の人には重宝するかも知れません。

今回のアンケートが皆さんの参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする