猫好きな友達へのプレゼント

本日は友達に贈るプレゼントのお話です。

猫アート

こちらは猫ちゃんのお写真で作った編物アート。

飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

猫好きな人が増えているらしいです。

猫のグッズ、猫の映画やテレビ番組、それに猫カフェ等が増えてきた影響もあるのかな?

私の猫を2匹飼っています。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

友達へのプレゼント

さて、誕生日のプレゼントとしてご利用頂いている当店の商品ですが、オーダーメイドということもあってお値段が少々お高めです。同じデザインで複数ご注文頂ければお安く出来ますがそうも行きません。

そこで、お友達へ贈る場合は数名の仲間達から合わせてひとつのプレゼントとしてご利用いただくケースが多いようです。みんなでお金を出し合えば予算内に収まることもあるようです。

一人は相手の人から猫の写真をもらってくる。一人は当店へ注文をする。役割分担をしてみんなからのプレゼントの準備をする。友達って良いですね☆

演出

友達に贈る場合、しかも複数の人から合わせて贈る場合は皆さんが凝った演出をしているみたいです。

誕生日パーティーを開いて、その時間帯に日時指定で配達をご希望の方が多いですが、稀に時間内にお届けが出来ない場合もあります。多くの場合は早く届いてしまい、パーティー始まる前にネタバレなんて事も・・・。演出は失敗のないようにちゃんと商品を受け取って準備万端にしておいてください☆

天国の猫ちゃんからの贈り物という演出を考えている方もいらっしゃいました。お店で渡すと泣いてしまうだろうということで友達の家でパーティーを開き、大きな袋に猫ちゃんのシールを貼って、袋から出てきたのは最愛の猫のオリジナルクッション。演出というより、もう猫ちゃんが描いてあるだけで喜んでもらえたようです。

泣いて喜ぶご友人

お客様から届いたお写真のお話しです。お届け後に友達に渡したところ、予想以上に泣いて喜んでくれたとの事。その様子を写真に撮って送ってくださったのですが、主役の人は顔を隠し、肝心な商品は写っていないですし、様子を知らない人が見たら何の写真家分からないという・・・^^、しかし私達はその様子が分かっていますので、チラッと見える商品や受け取った方(ペットを亡くした方)のお気持ちが分かるのでその場の雰囲気を掴むことが出来ます。とても良い写真なんですが、ご紹介が出来ず残念です(笑)

しかしその人が持っていたスマホケースやバッグなどに何気に猫の柄が描いてあったりするのを拝見すると、やっぱり猫がすきな人なんだなぁと改めて思いました。

友達の誕生日をよく覚えている人

友達の誕生日や血液型を良く覚えている人っていますよね。私もなぜか良く覚えているほうだと思います。数字に強いかな?関係ないかな?

ここからは猫好きな友達の誕生日パーティーを提案するお話を物語り形式でご紹介させて頂きます。

素敵なプレゼントは見つかるかな?ファンデルワンの物語、始まり始まり。。。

line

「ミキんちっていつきてもステキだよね~
薪ストーブがある家なんて、そうそう無いよ!」

「あ、これね~、お父さんが好きで去年付けたんだ。
でも管理とか結構大変みたいだよ。」

「薪ストーブってさぁ、猫とかいても大丈夫なの?」

「うん、犬や猫かはエアコンよりもこっちの方が良いんだって。遠赤外線がどうのこうの・・・って。
マロンはストーブの前から離れないよ。」

「ふ~ん、野生の何とかってやつかねぇ。
で、さっきから気になってたんだけど、これはなに!?」

「これね、去年お母さんの誕生日に友達がプレゼントしてくれたんだって。
すごいでしょ。これ印刷じゃなく糸で編んで出来てるんだよ」

「触っても良ぃ?」

「うん、もちろん♪」

「へ~、すごいね~。手触りもいいじゃん。いくらするんだろう?」

「さ~、プレゼントだったから値段は分からないけど、結構するんじゃない?」

「サキの誕生日プレゼントに・・・ナンテ、私たちのお小遣いじゃ無理よね;;
あの子んちの猫の写真で・・・って思ったんだけど。。。」

「そっかぁ、サキもうすぐ誕生日だね、ゆぅちゃんってそういうの良く覚えてるよね!
ほら友達の誕生日とか、あと血液型とか」

「だって、なんかお祝いしてあげたいじゃん。
ねぇ、これってどこで売ってるのかなぁ?」

「確かネットで作ってもらえるみたいなこと言ってたけど・・・。ネット見てみる?」

「あー、あった、これじゃない?」

メンバー集めてさ、みんなでお金出し合えば買えそうだよ!

~~~~~~

このように、お友達数名からのご注文をいただくこともあります。

その場合は幹事さんは大変だと思いますがなるべくご注文しやすいように対応させて頂きますので宜しくお願い致します。

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。