彼女の冷え性対策グッズ

皆さんこんにちは、ペットオリジナルグッズを作っていますファンデルワンです。

様々な場面でプレゼントとしてご利用頂いていますが、本日は冷え性の彼女さんへ贈る場面をご紹介させて頂きます。

愛犬ひざ掛け

商品はこちら。ペットオリジナルグッズです。

商品の詳細はこちら

冷え性の彼女への誕生日プレゼント

夏にはクーラー対策をして冬には寒さ対策をする。冷え性の皆さんは1年中苦労されているかもしれません。

「彼女は冷え性だからひざ掛けを贈ろう!」

そう思って商品を探していたら偶然当店のオリジナルひざ掛け(編物アート)を見つけたというお客様もいらっしゃいます。

誕生日に冷え性対策グッズをプレゼント

誕生日のプレゼントとして冷え性対策グッズを贈るという人は少ないかもしれません。特に贈る相手が彼女さんの場合はもっとおしゃれなものを贈る人が多いでしょう。

しかし当店へはひざ掛け(編物アート)への注文が入ります。これはもはや実質的な寒さ対策というよりも、ペットへの愛情による心理的な温かさかもしれませんね^^

私の母も冷え性ですので、寒い季節には温かな靴下とかマフラーなどを贈ることがあります。

それらは誕生日に贈るのではなく、良い商品を見つけたらそのタイミングで贈ってあげる事が多いです。母の誕生日は5月ですからどちらかというと暑さ対策の方が必要かも・・・。

ちょっと変わった冷え性対策グッズ

職場のエアコン対策

「あのさ、いくら職場のクーラーがきつからって、そんな厚着していくことないでしょ?」

「だけどさ、ウチの工場って機械からすごい熱が出るんでクーラーきつめにしなきゃ
人も機械もオーバーヒートしちゃうんだよ。
現場の方たちはそれでも汗かいてるし、私たち事務員は厚着しなきゃダメなの。」

「空調とか見直したほうがいいんじゃね?場所異動してもらうとか。」

「そしたらさ、事務所リフォームで結構かかるんだって。見積もりしてもらったんだ。
社長さんも色々工夫はしてくれてるんだけどね。。。」

彼女の勤め先は縫製工場。大きなアイロン台がいくつも並んで熱気と蒸気を上げているらしい。

アイロン作業は汗をかくが、少し離れた事務職員たちは寒さとの戦いだ。

冷え性の彼女

彼女の仕事は事務職。クーラーがかかった涼しい部屋での作業。長袖のカーデガンと厚手の靴下が手放せないらしい。

彼女は色白で冷え性。夏でも長袖を着ている。

「そんなの着てるから日に焼けないんだ。」

と何度言っても長袖を着ている。

ま、趣味は読書に料理。典型的なインドア派。

図書館が妙に似合う(笑)

俺はどっちかっつうとドライブしたり自転車乗ったり、冬にはスキーにも行く。

趣味は合わないけれど、お互い適度に自由にさせてもらってるから長く続くのかな?

さて、彼女の困った季節がやってきました。

夏の冷房の季節です。

冷え性対策、色々と大変そう。

真夏でも温泉に行きたがる不思議な子。

クーラーで冷えたからだがリラックス出来るらしい。

夏生まれなのにな(笑)

いや、逆に夏の暑さは平気ということかな?

彼女に合った誕生日プレゼント

もうすぐ彼女の誕生日だ。

今年は何を贈る?

ちょっとおしゃれな冷え性対策グッズかな?

物欲のない人だから、案外そういうものが一番嬉しいみたいだ。

いつもは洋服を贈ることが多い。

もちろん長袖。

一緒に買いに行って、職場でも着られるカーディガンとか、時には胸元に小さなフリルのついたワンピース。

やはり長袖と合わせて重ね着している。

彼女の服選びはなかなか良いセンスを持っていると思います。

「好きなの選んで良いよ。」

僕がそう言うと、なぜか私好みの服を選ぶ。

今年のプレゼントはエアコン対策にもなる物

今年は・・・と。

いつも同じじゃつまらないので、ちょっと変化をつけてみました。

彼女の実家で飼ってるっていう、愛犬のトイプードル。

愛犬

いつもは大人しい彼女が、犬の話をすると急にしゃべる出すから、よっぽど好きか、それとも普段お俺の話がつまらないか??(笑)

この写真をあるお店に送れば、こんなものが届くのだ☆

編物アート

商品名は編物アート。まさにアートだ。

これがあれば職場でひざ掛けとして使ってもらえるかな?

クーラー対策の足しになるかな?

そんな事を想像しています。

何より彼女の大好きな愛犬マロンのオリジナルグッズが彼女を笑顔にさせてくれるかな。。。

~~~~~~~

誕生日プレゼントにご利用頂いています

この物語はフィクションですが、登場するひざ掛けは当店で作成するペットオリジナルグッズです。

ペット好きの方への誕生日プレゼントとしてご利用頂いておりまして、職場で使うひざ掛けとしてご自身用にご注文される方もいらっしゃいます。

大切な方へのプレゼントにいかがでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする