還暦祝いの仕方/オリジナルプレゼント

ファンデルワン

愛犬の写真で作ったオリジナルクッション。還暦祝いのプレゼントにご利用頂いています。

詳細はこちら

還暦祝いの仕方や時期など、当店で作るオリジナルプレゼントとお客様の例を合わせてご紹介します。

還暦祝いとは

還暦の由来

還暦祝いはお父さんやお母さんが60歳になったときの長寿の祝いである。と言う事は漠然と分かっていても実際はどんなものなのか、また何をしたら良いのか分からない人が多いようです。私も両親の還暦にはお祝いをしましたがその時初めて還暦の由来などを知った程です。

還暦祝いとは、干支と十干が一巡して元に戻る事で生まれ変わりを意味するお祝いだそうです。干支とは「ね、うし、とら・・・」で皆さんも馴染みがあると思いますが、十干というのは「甲・乙・丙・丁・・・」と言って暦を読むのに使われたそうです。詳しくはこちら^^;;

干支は12年に一度年男と年女を迎えます。十干は10年で一周しますので、干支と十干が同じ巡り合わせになるのは60年に一度になります。自分が生まれた年と同じ干支と十干を迎えるのが還暦なんですね。

戌年があって猫年が無いのはなぜ?

猫のタペストリー

猫のタペストリー

還暦祝いはいつするの?

現代では満年齢が通常使われていますので、還暦祝いを60歳の誕生日にされる方が多いです。元々は数え年が使われていた時代に干支と十干が一緒になる元日に行われていたそうですが、数え年自体が私達には馴染みが無いので、皆さんが満60歳の誕生日にお祝いされていらっしゃいます。

元日であれば帰省をかねてお祝いできますが、誕生日となると帰省できない方も多いでしょう。お客様の多くは商品の配達日時を指定してご注文されていらっしゃいます。

お父さんの愛車

お父さまの愛車で作ったオリジナルグッズ☆60th Birthdayの文字も入れられます。

詳細はこちら

何をすれば良い?

それでは具体的に、還暦祝いには何をすれば良いのでしょうか。以前は赤いちゃんちゃんこを着て赤い帽子をかぶる人が多かったでしょう。この習慣は今でも残っていますが、ちゃんちゃんこメインのお祝いにする人は減っているようです。祝い事ですので家族ごとに色々なお祝いの仕方があり、その様子は多様化しているようです。家族旅行に行ったり記念品を贈ったり、現金や旅行券のみの人もいらっしゃるようです。

そこで、当店のお客様はどのようなお祝いをしているかご紹介致します。

還暦祝いの仕方、どんなプレゼントを贈る?

車やバイク好きなお父さんにはオリジナル編物アート

還暦のお祝いの品

詳細はこちら

お客様からレビューのコーナーへ投稿して頂いた写真です。

次のコメントと一緒に写真を頂きました。

還暦祝いに悩んでいたときに出逢い、お急ぎコースにてお世話になりました。
イメージ画像等連絡も早くいただけましたし2日ほどで発注に入ることができました。

本人の大事なバイクのひざ掛け、よろこんでくれていましたし、その場にいたみんなにも大好評でした!ほんとうにありがとうございました!

レビューより

これはバイクの写真で作った編物アートです。

元の写真

この写真で作成させて頂きました。写真には色々なプレゼントが写っていますのでたくさんの方からお祝いをされたようですね☆

愛車オリジナルアート

車をモデルにした作品です。デザインにHappy 60th Birthdayと書かれていますので還暦のお祝いである事が分かります。日付や名前入れも可能。記念になるプレゼントだと思います。

猫好きのお父さん,お母さんへオリジナルクッション

還暦祝い,猫

猫ちゃんの写真で作ったオリジナルクッションです。

吹き出しの中の祝!還暦!の言葉。すました表情がまさに猫らしいです♪♪

私も猫を飼っていますが、私が還暦になる20年後には恐らく今の猫達は天国へいっています。この猫達の写真でクッションをもらったら・・・きっと涙無しでは受け取れないでしょう。

天国の犬,猫の写真で作るオリジナルグッズ

私が還暦になるのは今から20年後ですので今飼っている猫たちは恐らく天国にいっていると思います。

なぜこんな話をするかと言いますと、お客様の中には亡くなったペットの写真でご注文される方もいらっしゃるのです。その子達の写真でグッズを作り、お父さんお母さんへの還暦祝いにプレゼントする。そしてお届け後には家族が泣いて喜んだというお礼のメールを頂きます。

泣いて喜ばれるほどの贈り物が出来るなんて、もっと頑張ってクッション作ります!

私の兄は大の犬好きですが、10年ほど前に愛犬とは死別してしまいました。子供達(私の甥)がすくすく育っていますので、大きくなったらきっと犬を飼っていた事を話すのでしょう。義理の姉も動物が好きなのでもしかしたら今後犬を飼うことがあるかもしれません。甥っ子達から兄に愛犬をモチーフにした記念品を贈ってあげたらきっと喜ぶでしょうね。嬉しそうな顔が目に浮かぶようです。お客様も同じ思いでご注文下さるのでしょう。

ラッピングについて

ラッピング

商品はラッピングしてお届け致します。

特に還暦用としての特徴はないですが、ニットのリボンがかわいいと好評です。ペットの場合は肉球入りリボンです。その他オリジナル便箋でメッセージを添えることも可能。

ラッピングの詳細はこちら

還暦の記念品

還暦祝いの場合は誕生日などと違って、プレゼントはひとつではないことが多いようです。お客様からのメールを参考にして、当店の商品以外に皆さんがどんなものを贈っていらっしゃるかご紹介致します。

花はお祝いの定番ですね。花束にしてもよし、蘭などの鉢植えもよし、また記念品として長く残したいならプリザーブドフラワーもお勧めです。お客様から送って頂く写真にも必ずと言って良いほど花の贈物が写っています。還暦ですので赤い花が使われるケースも多いようです。

似顔絵入りメッセージ

近年増えてきました、似顔絵入りメッセージ。お祝いや感謝の言葉を筆で書き、時には名前の文字を巧みに使ってメッセージに入れ込むという素敵な贈り物です。私の知人も同様のサービスをしていますが、お客様の話を聞いて上手く文章を作り、綺麗な手書きの筆文字でお客様からも喜ばれているようです。取扱店も増えましたので還暦祝いの調べ物をしていると皆さんもご覧になられたことがあるでしょう。

赤ちゃんの写真でオリジナルグッズ

似顔絵と言えば、お孫さんのお顔でも編物アートを作れます。

還暦祝いの仕方、何をする?

お客様はスタッフ、また私の周りの友人などにどんなお祝いをしたが聞いてみました。人によって千差万別ですが参考になれば幸いです。

旅行のプレゼント

還暦祝いに旅行をプレゼントする方も多いですよね。私は旅行に行くための現金でお祝いをしました。行き先は両親ふたりで相談し、海外へ行ってきたようです。

当店のお客様でもご旅行に行かれる方は多いようで、商品を旅館へお届けするケースがあります。恐らくご家族またはご夫婦でご旅行に行き、温泉に入り美味しいものを食べてプレゼントとして渡されるのでしょう。

わんちゃんと泊まれる宿も増えてきたのでもしかしたらわんちゃんもご一緒かもしれませんね。

離れて暮らすお父さんお母さんへ手紙を書く

数え年の元日にお祝いするなら正月の里帰りでお祝いできますが、満60歳の誕生日にお祝いをするなら簡単に帰省できない場合もあるでしょう。そこでお父さんお母さんと離れて暮らしていれば花やプレゼントを郵送される方も多いと思います。

当店でもお届け日指定でご注文されるお客様は多く、当店から直送します。

このような場合は是非手紙を付けてあげてください。

ひと言添えておくだけでも何倍も素敵な贈り物に変わると思います。

手紙のつけ方

メッセージカード

作品の元になった写真入りオリジナル便箋です。

記念撮影

お届け後に写真を撮って送って下さる方もあります。写真が届く割合が還暦祝いの場合は圧倒的に多いのです。

なぜ?注文数は通常の誕生日の方が多いはずなのになぜ還暦の時には写真がたくさん届くのかな?

還暦祝いは、記念撮影をする!

還暦祝いは記念撮影をされる方が多いと思います。我が家でも還暦の時は父も母も写真を撮りました。

年に一度、毎年正月に写真館で写真を撮るという家族もあると思います。毎年は無理でも子供さんの節句のお祝いや成人式など人生の節目には写真を撮って来られたことでしょう。還暦も人生の大きな節目に当たる年です。そこで記念品を持って撮影されるようですね。写真館によってはペットと一緒に写真を撮れるスタジオもあり、サービスも多様化しています。記念に残るお祝いにして下さい☆

番外編、還暦の祝いにハーレーを買う

愛車グッズ

オリジナルボード。編物で作った生地を木枠に貼り付けた物です。

バイクの作品を作っていると、このような話を聞くます。

「還暦の祝いに自分でハーレーを買った父へ、何かお祝いをしたかった。」

還暦になった記念に自分へのお祝いにハーレーを買う人が増えているそうです(バイク屋さん情報)。若い頃にバイクに乗っていて、退職や子供の自立で自分の時間も増え、60歳で憧れのハーレーを買うそうです。

私事ですが、還暦になったらハーレーに乗りたいという夢を抱いていました。しかしある事に気付いたのです。60歳であの大きなバイクを操るのは相当のテクニックが必要になるのではないかと。

以前イントルーダークラシックに乗っていましたが、これはハーレー並みのサイズがありました。かっこよさは大満足でしたが、取り回しが大変で苦労したものです。その後オフ車に乗り換えたときの快適さといったら…(笑)

将来還暦でバイクに乗るのは諦め、今乗っている車(ランクル・プラド)を買い換える時期になるのかなぁと思っています。

今から20年先ですけどね。

車好きバイク好きの人が多い年代

車やバイクを趣味にしている人口が多いのは50代60代ではないでしょうか。若い人たちは軽自動車が人気ですが、バイクに乗る人は減っていると聞きますし私の周りでもバイクに乗っている人はとても少なくなりました。

教習所でライディングスクールに参加してみると、私当時40歳が一番若手という驚きの参加年齢層^^

逆に、60歳で還暦を迎える人たちの中には依然バイクに乗っていたという人が多く、また車でもいつかはクラウンという言葉があったほどだそうです。それほど車やバイクを趣味にする人が多かったのでしょう。

60歳のリターンライダーも多いそうです。若い頃に乗っていて、時間に余裕が出来た年代になってからもう一度のりたくなるのでしょうね。ちょうど還暦のお祝いにバイクを買う人がいるのも頷けます。

家族からのお祝いとして車やバイクを贈るのは予算オーバーでしょう。

でもせっかくなのでそれらに因んだ物を贈りたいところ。そこで愛車の写真で作ったオリジナルグッズをお勧めしているという次第です。

私も自分用に作っているのですが、やはり他の人の作品を見るのと自分の愛車の作品とでは見る目の変わり、自分のバイクで作った作品は嬉しいものです。

皆様もお父さんの喜ぶ顔を想像してみて下さい^^☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする