ペットの思い出を編物で残す

私たちがペットのオーダーグッズを作り始めたのは2005年ごろの事です。

当時はオーダーメイドを取り扱うショップも少なく、当店にはたくさんのかたがいらっしゃいました。

そして現在ではペットの思い出を残すものとして、様々なオーダーメイド商品が販売されるようになりました。

クッションは印刷された物が増え、当店のクッションよりはるかに安く購入できます。

安価な雑貨や毛や骨を使ったストラップなど、多種多様な思い出グッズがあります。

そんな中で、どうして当店の商品をわざわざ注文されるのか聞いてみました。

高いし、印刷みたいに鮮明さも無いのに・・・。

すると、ある人から次のように言われました。

思い出を形に残すだけでよければ印刷のクッションでも良い。

数百円で作れるオーダーグッズもたくさんあります。

また、リビングに飾ったり、日常的に使えるものでよければマグカップや、写真を入れた時計でも良い。

もちろんそれらの商品はとても良い物です。

しかし温かさやぬくもりを感じたいと思ったら、この編物にはかなわないのです。

それを聞いたとき、お客様の気持ちが私たちに届いた気がしました。

温かみのある贈り物愛犬グッズ

こうやってぎゅっと抱きしめることができ、なおかつニットの温かみを感じられる。

コットンの手触りの良さもあり、この商品でしか味わうことが出来ない良さがあると言われます。

その温かさを大切にして、これからも作品作りに励んでいきたいと思います。

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。