ペットロスはいつまで続くの?

ペットを亡くした辛さはいつまで続くのでしょうか。

自分が辛い場合もあります。

家族や友人が苦しんでいる場合もあるかもしれません。

元気にふるまっている人は長引くかもしれませんね。

思いっきり泣けた人は案外早めにすっきり出来るようです。

私が診察を受けた心療内科の医師によりますと、通常は2週間程度で元気になるそうです。

ちなみに私は3カ月くらい引きずります。

当店のお客様の中には数カ月たっても、時には数年経っても元の生活に戻れないという人がいます。

ペットロスから立ち直れるまでの時間は、人によってさまざまです。

そんな人たちが商品お届け後にお礼の電話やメール、お手紙を書いて下さいます。

その内容は、商品が届いたのをきっかけに元気になったと書いてあります。

辛いけれど、少しずつ前向きになれたと言われます。

何年も苦しんでいた人が、どうしてたった一つのクッションで元気になれるのでしょうか。

お客様が元気になられる理由は、意外と簡単な事なのかもしれないと思うようになってきました。

商品お届け後にこう言われるのです。

話を聞いてくれてありがとう。
今まで誰にも相談できなかった。
家族がクッションをプレゼントしてくれた。
クッションを見て初めて泣けた。

お客様のペットロスが長引いていた理由は次のどれかに当てはまるのかもしれないと気付きました。

  • 誰にも相談できなかった
  • 親しい人(家族や友人)に理解してもらえなかった
  • 泣くことが出来なかった

このように、自分の中に辛い気持ちを隠している人はいませんか?

信頼できる人に相談してみましょう。

誰かに辛い事を言われたかもしれません。

大丈夫。私も同じ経験があります。

強く生きている人は自分の気持ちを抑えているかもしれません。

ほんのひと時でも、ちゃんと自分の気持ちに正直になる時間を持ちましょう。

そうすれば、長引いていた辛さから立ち直るきっかけが見つかるかもしれません。

ほんの小さな事が心に引っかかっていて、それがほどけた時に気持ちが楽になれる事もあります。

誰かを頼ること。

頑張っている自分をほめる事。

自分を責めない事。

亡くなったペットに感謝する事。

そういう時間を持つようにすれば、少しずつ心もほぐれてくるでしょう。

関連記事

ペットロスを長引かせている理由 / 立ち直るための自己分析

ペットメモリアルグッズをプレゼントして相手の人が元気になった例

商品一覧へ