繰り返すペットロスの辛さを支えてくれるメモリアルグッズ

ペットロスから立ち直り、元気になったと思っても、その辛さはまた繰り返すことがあります。

いえ、むしろ、また辛い時間は必ず来ます。

なぜなら、愛するペットを忘れることはできないから。

猫と僕

写真の猫(マロ)が亡くなった時、私は意外と早く立ち直れました。

その理由はこちら

しかし、自分では元気になったと思っても、やはりまた寂しくなったり悲しくなったりするのです。

そんな時、皆さんはどのように過ごしていますか?

私はマロのクッションを抱きしめています。

楽天
 よく「楽天じゃなく三浅さんから買いたい」と言われますが、 楽天も私が対応していますので安心してご利用下さい。

抱きしめるペットの記憶

ペットロスがぶり返すとき、何かにしがみつきたい程の寂しさに襲われます。

そんな時、私はクッションを抱きしめています。

マロは膝の上のよく来る子でした。

マロの体温が私にも伝わり、膝の上はいつもぽかぽかでした。

暑い夏でもマロは私の膝の上が好きでした。

そのぬくもりは今でも残っています。

このクッションを抱いていつものソファーに座っていると、まるでマロを抱いているような気持になります。

そして、マロをいつでも思い出せるのです。

普段はソファーに置いていますが、寂しい時にクッションを抱きしめて、写真を見ながらマロとの思い出を振り返っています。

その時間はとても幸せな時間です。

マロと僕

元気だった頃のマロと私。

メモリアルグッズが天国のペットを呼び寄せる?

猫のオリジナルクッション

実は、クッションを見た瞬間に泣きたくなることもあります。

涙が出るのはペットが近くに来ている時だと聞いたことがあります。

皆さんも、なんでもない時に急に泣きたくなったり、悲しくない時でもなぜか涙だけ出てきたりすることはありませんか?

そんな時、もしかしたら天国のペットは風になって近くに来ているかもしれません。

トトロの猫バスのように・・・

メモリアルグッズを見た時に泣きたくなるのは、そのグッズがペットを呼び寄せてくれているのかもしれませんね。

少なくともマロのクッションにはそんな力があるように感じています。

グッズに力を貰うときと、自分で頑張る時

私は辛い時や寂しい時、グッズを身に着けます。

マロにもらった首輪をブレスレットにしていますし、ストールを首に巻いている時もあります。

ブレスレットはこちら

ストールはこちら

でも、今日は自分の力で頑張ろう!と思うときもあります。

そんな時はブレスレットもつけず、ストールも家に置いていきます。

そして後日、今日は辛いな、元気が出ないな、というとき、私はそれらを身に着けて仕事へ行きます。

そうやって身に着ける日と着けない日を分けていけば、徐々に立ち直れるし、また辛くなっても支えてもらえるような気がします。

一緒に読んでほしい記事

メモリアルグッズを贈るとどんな変化が起きるのか

作者紹介

三浅俊幸

ニット作家:三浅俊幸

我が家のの思い出に愛犬愛猫の写真で作品を作っていると「作って欲しい」という声があり、それが口コミで広がり、今のお仕事に繋がっています。皆様とペットのお話しをしながら作品作りをしています。

ペットオリジナルクッション

作成シーン

ペットロスの相談に乗りながら糸を編んで作ってます。