亡くなった愛犬・愛猫の思い出を持ち歩けるもの

ファンデルワンではペットのメモリアルグッズを作っています。

ペットオリジナルグッズ

編物で作るメモリアルグッズ詳細はこちら

お客様からのお問合せで、普段持ち歩けるようにしたいとのことで、ひざ掛けをご希望頂くことがあります。

いつも持ち歩ける、ペットメモリアルグッズ

いつも持ち歩けるメモリアルグッズと言えば、ストラップなどの小さなものの方が良いでしょう。

当店では編み物で作りますので一番小さい物でもひざ掛けになってしまい、畳んでバッグに入れると大きな荷物になってしまいます。

他のお店には様々なメモリアルグッズを作ているショップさんも沢山ありますので、毎日肌身離さず持ち歩きたいというお客様にはストラップなどを他店で探してみてはいかがでしょうかとお勧めしています。

しかしお客様は、編み物で作った物が欲しいと言って下さるのです。少々大きくなっても良いので、当店で作ったものが欲しいと言われます。

ビーグル愛犬オリジナルグッズ

通常、ひざ掛けはソファーなどにかけて飾っている人が多いようです。

中には額縁をオーダーメイドされて額装している人もいます。

ですが、この膝掛を毎日バッグに入れて持ち歩いているというご婦人もいらっしゃるのです。

ある日電話がかかってきました。

当店のひざ掛けを、毎日持ち歩いているそうです。

出かけた先で使うのではなく、肌身離さず持っていたい。

それはストラップではだめだそうです。

その理由を聞くと、「編物の温かみが嬉しい」と言って下さいました。

そしてお友だちにひざ掛けを見てもらい、会話に花を咲かせているそうです。

いつもそばにいると感じられる方法

皆さんも、亡くなったペットたちがいつもそばにいてくれると感じていたいですよね。

そのためのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

スマホの待ち受け画面

定番ですが、やはり毎日見るスマホの画面。

私の妻も亡き愛犬の写真を待ち受け画面にしています。

実家で飼っていたダックスで、今はチワワを飼っているのですが亡くなった子の写真を変えられないそうです。

ストラップ

ストラップを作っている人は多いのではないでしょうか?

実際の毛を使ったものや、写真を入れたキーホルダーの様なものまで、様々な商品が比較的安価で販売されています。

ちょっと探せばすぐに見つかると思いますので検索してみてください☆

中には骨を加工して人工ダイヤを作ったり、骨その物をカプセルに入れて持ち歩けるような商品まであるようです。

参考記事:亡きペットの分骨について

SNSにアップ

お出かけ先でSNSをチェックするのも習慣というより癖になってしまっています。

チェックせずにはいられない人も多いでしょう。

その時、私は過去の写真を良く見ます。

そう、亡き愛犬ムックや、今飼っている猫たちです。

お出かけ先でSNSの過去の投稿を見てみると、少し安心しますよ。

でも「ながらスマホ」はしないでくださいね!

形見を持ち歩く

ペットの形見・思い出を残すアイデア集でもご紹介していますが、私は猫がいなくなったら首輪を使ってキーフォルダーを作りたいと思っています。

愛犬ムックは大きなレザーの首輪をしていたので、残してあれば立派なストラップを作れたともうとちょっと残念(ムックの首輪はすでに処分しています)。

形見を何かにリメイクして持ち歩けるものを作ってみませんか?

お客様のご要望にお応えしています

ペットの形見を肌身離さず、形見を持ち歩きたいというご要望があります。

そうすればいつでもそばに居られる気がするから。

しかもニットの温かさでお出かけ先ではひざ掛けとしてご利用頂ける。

そんなご要望にお応えして、ストラップやキーフォルダーにはない温かみのあるペットメモリアルグッズをお届けできるよう、これからも頑張って参ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする