最後のプレゼント

ペットオリジナルプレゼント

ペットの写真で作るオリジナルグッズ。

飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

編物の作品

編み込み模様で出来ています♪

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

わんちゃんや猫ちゃんを飼っている人への贈り物に、ペットのお写真で作るオリジナルグッズはいかがですか?

印刷ではなく、糸を編んで作っています。

 

さて、プレゼントのご利用用途は多岐に渡っていますが、この頃はオトナな方からのご注文が多いように感じます。

特に年配(50代60代)の女性と、40代50代の男性からのご注文が多いかな。

女性からはお友達への贈り物に、男性からはお付き合いしている方や奥様への贈り物にされていらっしゃるようです。

そんな様子を想像しながら、ご利用用途の参考になるかと思いまして、本日は当店のお客さまが注文に至るまでの様子を物語り形式でご紹介させて頂きます。

ファンデルワンのプレゼント物語、始まり始まり。。。☆

物語

最後のプレゼント

妻と別れたのは6年前。

当時は再婚はおろか、恋愛さえしないだろう、いや、したくないと思っていた。

それが2年ほど前から知り合った女性と仲良くなり、いつの間にかお付き合いすることに。

 

しかし、僕らは互いに仕事が忙しく、会えるのは月に一度か2度。

互いに大人だから上手くやっていけると思っていた。

 

別れるか、結婚するか、誰からともなく、選択をせまられている気がする。

 

「写真展、行ってきたよ。」

「あぁ、一緒に行けたらよかったんだけど。。。」

 

「良いよ、お互い忙しいんだもん。時間有効に使わなきゃ。」

「そういうところが好きだ。」

 

2人の趣味は写真。

彼女はもっぱら飼っている猫ばかり撮ってる。

そういえば、最近ノラ猫、減ったなぁ。

 

私は風景や花が好きだ。

その一枚がコンテストで入賞し、どこかの写真展で展示されているのだ。

 

「今度、猫ちゃん撮らせてよ。」

「撮ってくれるの?嬉しいな。いつでも来て。」

 

人見知りの激しい猫らしいが、私にはなついている。

あと何回彼女の家にいけるのだろう。

まだ伝えていないけれど、僕は来年から実家のある田舎へ戻る。

一人暮らしの母親の様子がよくない。

仕事もフリーで動いているので、向こうで何か仕事を探せばやっていけるだろう。

彼女にいつ伝えるか、そればかり考えている。

 

だから、今年の誕生日が最後のプレゼントになるかもしれない。

黙って去ったほうが良いのか、最後にひどい事を言って別れた方が彼女も後を引かずすっきりするのか。

それとも・・・

 

私は猫の写真でオリジナルのグッズを作り、プレゼントすることにした。

そしてもうひとつ、本当にその気があるのか・・・、私は貴金属店で指輪を眺めてる。

 

彼女に似合いそうなデザインは・・・。

 

おいおい、正気か?つれて帰る気か?

 

一人で決めず、今度2人でゆっくり話そう。

 

「来週、会える?誕生日のお祝いをしよう。話さなきゃいけないこともあるし。。。」

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

付き合う前、2回目のデートで渡す誕生日プレゼント

わんちゃんのクッションプレゼント

ペットのお写真で作るオリジナルプレゼント☆

本日ご紹介するモデルはRENちゃん、作品紹介よりご紹介♪

当店で作成するクッションは主に飼い主さまへの贈り物にご利用頂いています。

猫の目

編物で作ってます♪

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

編物の私の世代では男女の出会いといえば学校のクラスかサークル、バイトや職場、又はお見合いや合コンといったところでしょうか。

今でもお見合いという制度は残っているらしく、私も一度経験したことがあります^^

最近は婚活パーティーや結婚相談所があるから、出会いの場が多くて良いですね♪

 

さて、そんな時代、イベントや紹介所で知り合った男女は後日会って食事に行ったりどこかに遊びに行ったりしてお互いを知る時間を持つと思います。

今日はそんな場面でも当店のクッションが使われているというシチュエーションを物語形式でご紹介させて頂きます。

どんなお客さまのお話なのか、ご覧下さい。。。☆

物語

結婚相談所、最初は苦手意識がありました。

でも今まで2人の人に会い、なんとなく感じが掴めてきた頃の事です。この人ちょっと気になるかな・・・という、感じの良い女性に出会いました。

年も40近くなると、あまりテンションの高い若い子にはついていけないけれど、大人で、落ち着いていて教養もある。そして話しベタなはずの私が彼女となら会話が続く。それが一番心地よかった。

特にここが良いという決め手はないけれど、欠点もない。

直感的にまた会いたいと思う。

そして僕は2度目のデートに誘った。

結婚相談所では相手のデータもある程度分かる。

彼女は来月が誕生日。

ここで仲良く慣れたなら何かプレゼントを贈りたい。

重い?困る?

 

 

いや、ここで何もお祝いしないわけにはいかない。

 

なるべくプレッシャーになら無い物を贈ろう。

いきなり高価なアクセサリーはまだ早いかな。

ちょっと素敵なレストランで食事だけでも良いけれど、誕生日なんだからプレゼントも期待してくれているかもしれない。

うん、何かあったほうが格好がつく。

 

と言っても、1回しか会ったことのない彼女。

趣味は?好みは?

まだ分からない。

会話の記憶を辿ってみる。

旅行が好きで、料理が好きで、猫が好き。

そうだ、猫を飼っていた。

それならこのプレゼントしかないだろう。

今度会ったときに写真をもらっておこう。

そうすれば、誕生日に間に合うぞ。

ファンデルワンの猫

ペットオリジナルのプレゼント☆

商品の詳細

 

生まれた年の、ちょっと嬉しい贈り物

嬉しいプレゼント

こちらは愛犬のお写真で作るオリジナルクッションです。

誕生日プレゼントや贈り物などにご利用頂いています。

猫の目

編物で出来たクッションだよ☆

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットを飼っている人にとって一番嬉しい贈り物になるかな?愛犬や猫ちゃんのお写真で作ったオリジナルのクッションです。

 

さて、誕生日の贈り物といえば、自分が生まれた年の物を贈るという洒落たプレゼントもありますね。

代表的な物がワインやウイスキーなどのお酒でしょうか。

中国では女の子が生まれたら紹興酒をつけると聞いたこともあります。

切手などを集めているコレクターなら生まれた年に発行されたものも良いかもしれませんね。

 

なぜこんな話をするかというと、昨日こんな素敵な話を聞いたのです。

私は趣味で写真を撮っているのですが、レンズに寄って写り方は様々で、同じものをとっても印象の違う写真を撮ることができます。

そして、レンズは40年50年前の物が今でも使えるのです。

コーヒー豆の焙煎

こちらは私が使っているカメラ。

私が生まれる前に製造されたフィルムカメラです^^

ちなみにコーヒータイムも私の好きな時間のひとつ。

 

このレンズは私が生まれる数年前の製造だそうで、友人とレンズの話をしていたら自分が生まれた年のレンズと出会うこともあるのだそう。

そういうものは手元に置いておきたくなるんだそうです。

言われてみれはその通り。

古いレンズは中古品を探すしかないので、その出会いは一期一会。一度出会ったときにつかまえておかなければ次はいつ会えるか分かりません。

私はまだ自分が生まれた年のレンズには出会ってないなぁ。

レンズはワインと違って、簡単に生まれた年の物をプレゼントすることは難しいです。

また、使う人の好みもありますので贈る側もある程度の知識が必要になります。

だけど、贈る側と贈られる人が相談できる関係なら、これぞと思える一本のレンズに出会えたらプレゼントするというのも良いかもしれませんね。

おそらくその人は一生その贈り物のレンズを大切に使うことでしょう。

私もそういう一本に出会いたいです。

 

 

喜ばれるためのプレゼントの選び方

プレゼントの選び方

ペットのお写真でオリジナルクッションを作成しています。

飼い主さまへのお誕生日プレゼントにご利用頂いています。

猫の目

こちらは猫ちゃん。

編物で出来た不思議な作品☆

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

彼女さんやお友達、またご家族へのプレゼントに、写真で作るペットのオリジナルクッションはいかがですか?

 

お客さまこういわれます。

「こんな商品があったなんて!」

「サイトを見てすぐにこれだと決めました!」

嬉しい限りです。

しかし、ここに至るまで、すなわち当店を見つけるまでは何を贈るか決めかねていたそうです。

誕生日に何を贈れば喜ばれるのか分からない。

何が好きでどんなものに興味があるのか分からない。

そして決められずに色々調べていたら偶然当店を見つけたとの事。

サイトを見て、そういえばあの人のケータイやスマホの待ちうけは飼っている犬だったな、と気付いたのだそうです。

待ち受け画面はどんな写真?

そこで、相手の人が何が好きなのか、簡単に分かる方法を一部ご紹介しましょう。

まずは待ち受け画面。

携帯電話やスマートフォンの待ち受け画面を設定している人も多いですね。

その待ち受けが飼っているペットの写真なら少なからずそのわんちゃんや猫ちゃんが好きなはず。

待ちうけが自分の愛車なら、車がきっと好きなはず。

自分で撮った写真ならカメラ好き、旅行のときの思いで写真なら一緒に写っている人や、旅行そのものが好きな人。

それをヒントにすればプレゼント選びの参考になるかもしれません♪

ただし、勝手にスマホを見ちゃだめですよ^^

その人がケータイやスマホを操作している時に何気に聞いてみて下さい。

「待ちうけの設定してる?何にしてるの?」

そうすれば自然と教えてくれるでしょう。

ちなみに私は望遠鏡で撮影した月の写真です。

星や天体撮影が好きなので^^☆

もちろん星に関するプレゼントをもらうととても嬉しいです。

星のカレンダーとか、H2Aロケットのチョコクランチとか☆

 

SNSのプロフ写真をプレゼント選びの参考にする

インスタグラムやツイッター、FacebookなどのSNSをしている人も多いでしょう。

その中に、プロフ写真をペットにしている人がいます。

その人、きっとペットが好き^^/

バイクに乗った自分を載せている人がいますね。

その人、きっとバイクが好き!

お料理を載せている人がいます。

はい、もう分かりますね、料理又は食べることが好き!

 

自分のプロフィール写真に嫌いなものは使わないですし、自分の趣味の中でもかなり好き度の高いものを載せているはずです。

その写真にちなんだものを参考にしてプレゼントを選んでみませんか?

SNSの投稿をプレゼント選びの参考にする

私は猫を飼っていまして、もちろん猫が好き。

そうなると、どうしてもSNS(Facebook)での投稿は猫の写真が多くなります。

そうです、私は猫に関するプレゼントをもらうととても嬉しくなるんです^^

SNSの場合だと、写真がメインになることが多いですので写真に関する贈り物も良いかもしれません。

おしゃれなアルバムや写真立て、又はカメラのストラップなんかも良いかも!ちょっと高額になっても良いならカメラバッグ。ただしバッグは好みが分かれるところですのでちゃんと相談して買ってね☆

 

SNSユーザーが増えたことで、相手の人の趣味や好みを調べやすくなったと思います。

もしプレゼントで悩んだら、SNSの投稿を参考にしてみてください。

良いプレゼントが見つかるかもしれませんよ☆

ペットを飼っている人なら、ファンデルワンのクッションも宜しくお願いしますo^^o☆

うさぎを飼っている人へのプレゼント

うさぎを飼っている人へのプレゼント

うさぎさんのお写真でご注文頂きました。編物で出来たオリジナルクッションです。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

印刷ではなく、編物ですよ♪

糸

材料はこちらの糸。

この4色の糸を編みこんで、うさぎさんの柄を編み物で作り、クッションに仕上げます。

お誕生日などのプレゼントにご利用頂いているのですが、今まで見たことのない商品ということと、わが子がモデルのクッションと言うことで飼い主さんに喜ばれているようです。

レビューもご覧ください

 

さて、当店のサイトの中で、実はとても人気のあるページがあります。それは、意外や意外、うさぎさんのページです^^

なぜこのページが人気があるのかは分かりませんが、おそらくうさぎさんのグッズを探している方は案外多く、隠れうさぎファンがいるのではないかと思っている次第です。

うさぎさんは犬や猫みたいに大きな声で鳴かないので飼いやすいようです。ゲージに入れておいても暴れまわることも少ないし、フワフワした感触やエサを食べるときのかわいらしさも人気の要因になっているようですね。

そして、うさぎを飼っている人に贈るプレゼントとしてはとてもたくさんのグッズが市販されています。

アニメや漫画のキャラクターにもなりやすいですし、特にミッフィーちゃんのファンは多いでしょうね!私も大好き。実は干支も卯年ですし^^

 

プレゼントとして贈る時、お値段の相場があります。

この人にはいくらまで出せる。

この人には何円以内に抑えたい。

当店の商品はオーダーメイドということで、既製品の商品と比べると少し高くなりますが、とてもだいじなご関係の方へ贈るプレゼントとしては一万円以上する当店の商品くらいの方が良いようです。

彼女さんの誕生日やクリスマスに数百円の物を贈るわけにも行かず・・・^^、そういう場合は少し高額になったほうが良いのでしょう。

逆に、なんでもないときに急に高いプレゼントを贈ると、「どうしたの?」と思われてしまうかも・・・。

「何か裏があるんじゃない?」と感じてしまうのは私だけでしょうか(笑)

 

ニンジンが嫌いなうさぎさん

私の偏見かもしれませんが、兔はニンジンが好きだと思っていました。そこで、当店で作成するクッションのデザインを考えていたのです。

当店のクッションは裏面に肉球が付きます。

わんちゃんや猫ちゃんの足跡のデザインになるのですが、表面がうさぎさんの場合は、この肉球をニンジンのデザインに差し替えます。

しかし時々ニンジンが嫌いなうさぎさんに出会うのです。

 

「裏面デザインを肉球からニンジンに変えてみましたがいかがですか?」

「実は友達のうさぎさん、ニンジンが嫌いらしいんです。」

 

「お友達へのプレゼントなのですね!」

「はい。23歳の誕生日で、一人暮らしですが兔を飼っていて・・・」

 

「では裏面は無地にしましょうか。オリジナルデザインの場合は追加料金がかかりますので・・・。」

 

このようなやり取りをさせて頂く時があります。

ニンジン以外のデザインをご希望の場合はデザイン料金がかかりますので予めご了承ください。

 

兔のクッションを贈る時の注意点

クッションのお届け後、ペットに噛まれたりひかっかれたりして糸がほつれた場合はお直しを受けたまわります。

しかし、過去にお受けしたお直しで圧倒的に多いのが、なんとうさぎさんなんです。

なぜかは分かりませんが、作成しているのは犬や猫が圧倒的に多いのに、お直しは兔ばかり。

おそらく、わんちゃん猫ちゃんたちはきっと引っかくであろうと容易に想像出来るので大切にしまってあったり手の届かないところに飾ってあったりするのでしょう。

しかしうさぎさんは油断してしまい、ついつい手の届く所においていた、という感じでしょうか。

また、ちょっと特殊な考え方になりますが、犬猫は肉食。兔は雑食。当店のクッションはコットン素材。つまり元々は綿花。そう考えると雑食のうさぎさんは食べ物と間違えてクッションをかじってしまった・・・なんて^^

プレゼントで贈る際には、兔が噛んだり引っかいたりしないようご注意いただくようお伝えください^^

 

さて、兔のページはアクセスが多いのに、ご注文は犬猫が多い。

これはもしかしたらお客様はうさぎさんの写真を見たいだけかもしれませんね。もっとプレゼントにどうですか?というご提案をして行きたいと思います。

そうすれば喜んでくれる飼い主さんが増えるかな?

頑張りますo^^o

 

トイプードルのグッズ、プレゼント用

ペットオリジナルグッズ

愛犬のお写真で作るオリジナルオーダークッション☆

編物の作品

編物で作ったクッションです♪

商品の詳細

 

トイプードルの好きな人へ

私の友人で、と言っても10歳くらい上の少しセレブ感ある、小さな保険会社の社長さん婦人なので友達とは言えないかもしれませんが、とてもおしゃれな奥様がいらっしゃいます。

その方はトイプードル3匹を飼っていて、ワンちゃんたちはいつも綺麗にトリミングされていて、休みの日にはお友達とドッグカフェに行ったり庭のある西洋風の建物でお茶をしたりと私とは別世界の人^^

でも、とても良くしていただき、何かにつけて気にかけて頂いたり時には相談に乗ってもらってアドバイスを頂くこともあります。

どうして私なんかと付き合ってくれるのかと思うときもありますが、友達に年齢も性別もお仕事も関係ないんだとか^^

ちょっとグッと来る。

 

休みの日の過ごし方は同じトイプードルを飼っている友達と旅行に行ったりわん友さんたちと過ごしたりされているそうで、先日はお誕生日の様子をSNSでご紹介されていました。

少し暗めのレストランでわんちゃん同席のお誕生日会。

綺麗なバラの花束を持ち、ケーキにはチョコで名前が書いてあり、テーブルにはおしゃれなお皿に盛り付けられた綺麗なお料理とワイン。そして写真に写るあちらこちらにはトイプードルグッズ。おそらくプレゼントしてもらったものでしょう。

ワンちゃんたちは膝の上に抱かれて・・・、こんな素敵なレストランが都会にはあるんですね。

少し早めのお誕生日会だったそうです。

さて、私も何かプレゼントを贈らなきゃ。

いつもお世話になっているし、以前ちょっと素敵な贈り物を頂いたのでそのお礼も兼ねて。

そこで、以前からこれだと決めていたプレゼントがあります。

それがファンデルワンのオリジナルクッション。

モデルはもちろんお友達の愛犬。

 

喜んでくれるかな?

日ごろのお礼と、お誕生日のプレゼントに。。。☆

Happy Birthday♪♪

 

娘の彼氏へプレゼント

誕生日プレゼント愛犬グッズ

ペットの写真で作るオリジナルクッション♪

猫の目

編物で出来た作品で、飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

 

ファンデルワンのプレゼント物語、本日は娘の彼氏さんへ贈るプレゼントのお話です。

私たちの世代(昭和生まれ)ではごく稀なパターンだと思いますが、最近では案外多いようですね。

そういえば今年平成29年と言うことは、最年長の平成生まれさんはもう29才ということ。月日は経ったものです。

では物語を通して本日のお店の様子を覗いて見ましょ~♪

物語

 

娘が始めて彼氏を連れてきたのは大学生の頃。

大学は別々だったけれどバイト先で知り合ったとか。

始めはどうなるかと思ったけれどなかなかの好青年。

パパが気に入ったのは意外だったなぁ。

 

『あの子は若いのにしっかりしてる。
やっぱり運動してる人間ははきはきしてて気持ちが良い。』

パパは元高校球児。体育会系のノリが大好きだ。

 

彼氏さんはバスケ選手だったらしい。

それでいて成績も優秀、そしてそれ以上に、優しい人。

よくこんな良い人見つけられたね。

70歳のおばあちゃんが特に気に入ってしまった。

70過ぎると逆に年齢は関係なくなるのかも。。。(笑)

 

さて、付き合いが始まってもう5年になる。

去年のクリスマスからプレゼントを贈るようになり、今度は誕生日がやってくる。

あまり出しゃばった物は贈れないけれど、何かしてあげたいな。

と言うのも、この二人は毎年母の日や私の誕生日にはその都度気の利いた物を贈ってくれるのだ。

以前彼が言ったひと言、あれは効いたな。

「お母さん。カナさんを産んでくださってありがとうございます。」

なかなか言えないよ。

私泣いちゃったじゃない。

 

何が良いか決めたら一応娘にも相談して、できればウチに遊びに来てくれたときにお祝いしよう。

結婚の話は出てるのかな?

これからもずっと、娘のそばにいてくれると嬉しいな。

 

私が決めたプレゼントはこれ。

猫を飼っていたという彼氏さんに、ひざ掛けなんて使わないかもしれないけれど、部屋に飾ってくれると嬉しいな。

 

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

お気に入りのバッグをプレゼント

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

当店ではペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

オーダーメイドクッション

ご家族やお友達の飼い主さんへのプレゼントにいかがですか?

商品の詳細

 

さて、今日は私のお気に入りのバッグのお話し。

こちらをご覧下さい。

お気に入りのバッグ

これは土屋鞄という、私のお気に入りの鞄屋さんのバッグ。

とてもしっかりとしていて、持っているだけで嬉しくなる所有感、持ち歩くと急におしゃれになったような気がする、まるでおしゃれな服を着たときと同じような気持ちになる嬉しいバッグです。

それにニコンのフィルムカメラ、ちょっとした上着(カーディガンなど)、サイフ、iPhone等を入れて持ち歩いています。

1拍くらいの旅行でも重宝しますよ。

 

このバッグを、狙っている人がいるのです。

それは、私の母。

母曰く、「レディースみたいね。」

それは欲しいということか?

あせる私。

確かに婦人物としても良いデザイン。

これを男性がもつとまたかっこいいんですよ♪

(自画自賛(笑))

 

これを母にプレゼントすべきか否かと言うところで日々会話の駆け引きをしています。

 

「今度の旅行で貸してね」

といわれれば、

「うん、分かった、その時言ってね。」

と受け流す。

私が別のバッグを持っていると

「良い鞄持ってるね。」

といわれるから、

「じゃぁあのレザートートは上げないよ。」

そんなやり取りを毎日楽しんでいます。

 

一度貸してあげたら返ってこないのは分かっているので私もそう簡単に貸すわけにはいきません。

だけど、もし母が本当に欲しいと思っているなら何かのきっかけでプレゼントしてあげようと思います。

私はまた気に入ったものを買ってくれば良いかな。。。

母には色々心配かけたし、お世話になったから。。。

 

誕生日プレゼントとペットとの総合サイト

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルグッズを作っています♪

編物で描いた模様だよ☆

ペットオリジナルグッズ

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのお写真そっくりに編み込み模様の編地を作り、クッションやひざ掛けを作っています。

プレゼントとペットとの関係

お客さまのほとんどがプレゼント用にご利用ですので、私たちも誕生日やクリスマス等のプレゼントとしておススメしているのですが、当然このWEBサイトもプレゼントの話しが増えていきます。

しかし、ここで問題が・・・!

「プレゼントにいかが?」とお勧めしても、贈る相手の人がペットを飼っていなければ、せっかくサイトに来て下さっても購入には結びつきませんし、お客様の時間も無駄にさせてしまいます。それは申し訳ない事です。

そうかといって、お客様にご利用方法をご提案しないのも良くない話し。

さて困りましたね、どうすれば良いでしょうか。

そこで、誕生日プレゼントとペットとを結びつけたサイトつくりを目指していきます。

誕生日プレゼントとペットとを結びつけた総合サイト

具体的にはどういうこと?

それが分かれば私たちも楽ですし、お客様との接点も持ちやすいのですが、そんなに世の中都合は良くないので(笑)今はまだどういう方法があるかは分かりません。手探り状態ですが試行錯誤を積み重ね、最終的にはこのサイトを閲覧しているユーザーさんの多くがペットと何らかの関係がある事、そしてプレゼントを探している人である事という状態を目指します。

ペット飼い主さんへの誕生日プレゼントにいかが?

このフレーズでWEBサイトの運営をしていますが、これは少し長く、また漠然としているのでお客様にお店を見つけてもらうことは少し難しいです。

では、今思いついた案ですが、こういうのはどうでしょう。

『ペット関連商品で、プレゼントしたら喜ばれそうなものをご紹介する。』

つまりライバル店を紹介するわけです^^;;汗汗

当店の商品はオーダーメイドですし、他のお店の商品とは趣旨も違えば値段も違うし、オーダーゆえに注文のハードルも高い。

ですので商品が競合することはあまりありません。

プレゼントは贈る相手やシチュエーション、ご予算などでどんなものを贈るかが大きく変ります。

お友達への贈り物でご予算が1,000円くらいであればキーホルダーやストラップなどの手軽なものになりますし、とても大切な関係の人はお世話になった方、又は家族の記念日などではご予算が数万円という場合もあり、一生に一度の晴れ舞台ともなればお値段はあまり重要ではなくなってきます。むしろ値段よりも相手の人が喜んでくれるかどうかの方が重要に・・・。

そのような場合では当店のようにオーダーメイドの方が喜ばれたりもします。

プレゼントのシチュエーションのご提案

では、先ほどの後者の方に、とても大事な場面で予算も数万円ありこだわりのプレゼントを探しているお客様とはどんな方がいらっしゃるのか。

それをこれから探していきましょう。

道のりは長いかもしれませんが、お客さまにこれほど喜んでいただけていることを考えると私たちはもっとたくさんの人に知って欲しいと思う次第です。

 

犬好きのお兄ちゃんにプレゼントを・・・

ペットオリジナルグッズ

ペットの写真で作るオリジナルグッズ☆

ボーダーコリーグッズ

クッションやひざ掛けなど色々作ってます♪

商品の詳細

 

誕生日の思い出

「お兄ちゃんにプレゼントを?私が?」

 

兄の誕生日にプレゼントなんて上げた事なんか今までに一度も無い。

兄の誕生日と言えば、親から高いおもちゃを買ってもらっててうらやましかった記憶ばかり。

ラジコンを買ってもらったときの悔しさは今でも覚えてる。

同じ年になった自分には買ってくれなかったし。。。

 

お兄ちゃんの誕生日には楽しみがひとつだけあった。

それは、おじいちゃんから贈ってこられるケーキ。

みんなでお祝いをし、パパとママからのプレゼントを横目に覗き込んで、ママはハンバーグを作ってくれる。そしてご飯の後のケーキ。これが一連の儀式だった。

 

ちなみに僕の誕生日にはカレーライスだったな。

ほんとはハンバーグが食べたいときも、

「お前はカレーが好きだねぇ」

というママの言葉でいつもカレーをリクエストしてしまうのだ。

 

そんな事はさておき、私は今まで兄にプレゼントをあげたことなんて、誕生日はおろか、後にも先にも一度も記憶が無い。

そんな僕がプレゼントを贈ろうと考えている。

いったいこの心境は何なんだ?

 

我が家に犬がやってきた

事の発端は犬。

そう、兄が犬を飼い始めたことだ。

自分も犬は好きだが、飼うほどではない。

目の前に居れば頭をなでるのは楽しいが、一緒に寝るのはいかがかと思う。

たまにならかわいいが、家にいる間ずっとついて来るのも困る。

一人の時間も欲しいものだ。

しかし兄はそうではないらしい。

仕事から帰るや、すぐに散歩に行く。

早朝にも必ず散歩に行く。

それは台風でも来ない限り続く。

そして、毎晩一緒に寝ている。

 

実は兄は仕事で体調を崩し、休職を経て今復職を目指しているところだ。

一日2時間の出勤から始まり、今では定時まで勤めているらしい。

長い残業は今はしていない。

 

休職中に知人から犬を譲り受け、これは家族全員で飼う予定だったのだが、すぐに兄の愛犬になってしまった。

マロン(トイプードル)も兄に一番なついている。

外に散歩に出るようになり、それに合わせるように兄の体調も快復した。犬の力ってすごいんだね。

すさんでいた家庭内もすっかり笑いが増え、兄にも笑顔が戻ってきた。

そんなこんなで、もうすぐ兄の誕生日。

家族で何かお祝いをしようと言う段取りだ。

兄の誕生日企画

母さん(いつからか、ママとは言わなくなった)はハンバーグを作る。妹と私でプレゼントを考えようという運びだ。

ネットに疎い妹に代わり、僕が兄の愛犬にちなんだプレゼントを探すと言う次第だ。

今は誕生日のプレゼント探しネットだね。

こんな田舎じゃお店もないし。

 

ネットで見つけては妹に確認を取る。

妹は何を見せても「かわいー」と連呼し、なかなか決まらない。

結局僕が選ぶしかないか。

仕事で使えるものが良いかな?

犬柄のネクタイとか。

いや、仕事はまずい。家で使うものが良いかな。

犬のワンポイントの入ったTシャツとか。

ってか、何で俺がこんな事しなきゃいけないんだ?

最初は納得行かなかった私だったけど、愛犬グッズを見ているうちに悪くないと思えてきた。

うん、これも良いなぁ。こっちも良いなぁ。

兄が喜ぶ顔が目に浮かぶようだ。

なるほどね、プレゼントを贈るのが好きな人はこんな気持ちなんだな。

僕がプレゼントが苦手なほう。

もらった相手にだけ、仕方なくお返しをする。

贈らなきゃいけない相手(彼女とか)が居ると、必ず相手に欲しいものを聞く。

こうやってサプライズ的に探すのは滅多にないというか、ほとんどはじめての事だ。

さーて、誕生日まであと1ヶ月、ぐぐってググって、もうかなり詳しくなったぞ(笑)