「プレゼント物語」カテゴリーアーカイブ

プレゼント物語

トイプードルのグッズ、プレゼント用

ペットオリジナルグッズ

愛犬のお写真で作るオリジナルオーダークッション☆

編物の作品

編物で作ったクッションです♪

商品の詳細

 

トイプードルの好きな人へ

私の友人で、と言っても10歳くらい上の少しセレブ感ある、小さな保険会社の社長さん婦人なので友達とは言えないかもしれませんが、とてもおしゃれな奥様がいらっしゃいます。

その方はトイプードル3匹を飼っていて、ワンちゃんたちはいつも綺麗にトリミングされていて、休みの日にはお友達とドッグカフェに行ったり庭のある西洋風の建物でお茶をしたりと私とは別世界の人^^

でも、とても良くしていただき、何かにつけて気にかけて頂いたり時には相談に乗ってもらってアドバイスを頂くこともあります。

どうして私なんかと付き合ってくれるのかと思うときもありますが、友達に年齢も性別もお仕事も関係ないんだとか^^

ちょっとグッと来る。

 

休みの日の過ごし方は同じトイプードルを飼っている友達と旅行に行ったりわん友さんたちと過ごしたりされているそうで、先日はお誕生日の様子をSNSでご紹介されていました。

少し暗めのレストランでわんちゃん同席のお誕生日会。

綺麗なバラの花束を持ち、ケーキにはチョコで名前が書いてあり、テーブルにはおしゃれなお皿に盛り付けられた綺麗なお料理とワイン。そして写真に写るあちらこちらにはトイプードルグッズ。おそらくプレゼントしてもらったものでしょう。

ワンちゃんたちは膝の上に抱かれて・・・、こんな素敵なレストランが都会にはあるんですね。

少し早めのお誕生日会だったそうです。

さて、私も何かプレゼントを贈らなきゃ。

いつもお世話になっているし、以前ちょっと素敵な贈り物を頂いたのでそのお礼も兼ねて。

そこで、以前からこれだと決めていたプレゼントがあります。

それがファンデルワンのオリジナルクッション。

モデルはもちろんお友達の愛犬。

 

喜んでくれるかな?

日ごろのお礼と、お誕生日のプレゼントに。。。☆

Happy Birthday♪♪

 

娘の彼氏へプレゼント

誕生日プレゼント愛犬グッズ

ペットの写真で作るオリジナルクッション♪

猫の目

編物で出来た作品で、飼い主さんへのプレゼントにご利用頂いています。

商品の詳細

 

ファンデルワンのプレゼント物語、本日は娘の彼氏さんへ贈るプレゼントのお話です。

私たちの世代(昭和生まれ)ではごく稀なパターンだと思いますが、最近では案外多いようですね。

そういえば今年平成29年と言うことは、最年長の平成生まれさんはもう29才ということ。月日は経ったものです。

では物語を通して本日のお店の様子を覗いて見ましょ~♪

物語

 

娘が始めて彼氏を連れてきたのは大学生の頃。

大学は別々だったけれどバイト先で知り合ったとか。

始めはどうなるかと思ったけれどなかなかの好青年。

パパが気に入ったのは意外だったなぁ。

 

『あの子は若いのにしっかりしてる。
やっぱり運動してる人間ははきはきしてて気持ちが良い。』

パパは元高校球児。体育会系のノリが大好きだ。

 

彼氏さんはバスケ選手だったらしい。

それでいて成績も優秀、そしてそれ以上に、優しい人。

よくこんな良い人見つけられたね。

70歳のおばあちゃんが特に気に入ってしまった。

70過ぎると逆に年齢は関係なくなるのかも。。。(笑)

 

さて、付き合いが始まってもう5年になる。

去年のクリスマスからプレゼントを贈るようになり、今度は誕生日がやってくる。

あまり出しゃばった物は贈れないけれど、何かしてあげたいな。

と言うのも、この二人は毎年母の日や私の誕生日にはその都度気の利いた物を贈ってくれるのだ。

以前彼が言ったひと言、あれは効いたな。

「お母さん。カナさんを産んでくださってありがとうございます。」

なかなか言えないよ。

私泣いちゃったじゃない。

 

何が良いか決めたら一応娘にも相談して、できればウチに遊びに来てくれたときにお祝いしよう。

結婚の話は出てるのかな?

これからもずっと、娘のそばにいてくれると嬉しいな。

 

私が決めたプレゼントはこれ。

猫を飼っていたという彼氏さんに、ひざ掛けなんて使わないかもしれないけれど、部屋に飾ってくれると嬉しいな。

 

ファンデルワンの猫

商品の詳細

 

お気に入りのバッグをプレゼント

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

当店ではペットのお写真でオリジナルグッズを作成しています。

オーダーメイドクッション

ご家族やお友達の飼い主さんへのプレゼントにいかがですか?

商品の詳細

 

さて、今日は私のお気に入りのバッグのお話し。

こちらをご覧下さい。

お気に入りのバッグ

これは土屋鞄という、私のお気に入りの鞄屋さんのバッグ。

とてもしっかりとしていて、持っているだけで嬉しくなる所有感、持ち歩くと急におしゃれになったような気がする、まるでおしゃれな服を着たときと同じような気持ちになる嬉しいバッグです。

それにニコンのフィルムカメラ、ちょっとした上着(カーディガンなど)、サイフ、iPhone等を入れて持ち歩いています。

1拍くらいの旅行でも重宝しますよ。

 

このバッグを、狙っている人がいるのです。

それは、私の母。

母曰く、「レディースみたいね。」

それは欲しいということか?

あせる私。

確かに婦人物としても良いデザイン。

これを男性がもつとまたかっこいいんですよ♪

(自画自賛(笑))

 

これを母にプレゼントすべきか否かと言うところで日々会話の駆け引きをしています。

 

「今度の旅行で貸してね」

といわれれば、

「うん、分かった、その時言ってね。」

と受け流す。

私が別のバッグを持っていると

「良い鞄持ってるね。」

といわれるから、

「じゃぁあのレザートートは上げないよ。」

そんなやり取りを毎日楽しんでいます。

 

一度貸してあげたら返ってこないのは分かっているので私もそう簡単に貸すわけにはいきません。

だけど、もし母が本当に欲しいと思っているなら何かのきっかけでプレゼントしてあげようと思います。

私はまた気に入ったものを買ってくれば良いかな。。。

母には色々心配かけたし、お世話になったから。。。

 

誕生日プレゼントとペットとの総合サイト

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルグッズを作っています♪

編物で描いた模様だよ☆

ペットオリジナルグッズ

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのお写真そっくりに編み込み模様の編地を作り、クッションやひざ掛けを作っています。

プレゼントとペットとの関係

お客さまのほとんどがプレゼント用にご利用ですので、私たちも誕生日やクリスマス等のプレゼントとしておススメしているのですが、当然このWEBサイトもプレゼントの話しが増えていきます。

しかし、ここで問題が・・・!

「プレゼントにいかが?」とお勧めしても、贈る相手の人がペットを飼っていなければ、せっかくサイトに来て下さっても購入には結びつきませんし、お客様の時間も無駄にさせてしまいます。それは申し訳ない事です。

そうかといって、お客様にご利用方法をご提案しないのも良くない話し。

さて困りましたね、どうすれば良いでしょうか。

そこで、誕生日プレゼントとペットとを結びつけたサイトつくりを目指していきます。

誕生日プレゼントとペットとを結びつけた総合サイト

具体的にはどういうこと?

それが分かれば私たちも楽ですし、お客様との接点も持ちやすいのですが、そんなに世の中都合は良くないので(笑)今はまだどういう方法があるかは分かりません。手探り状態ですが試行錯誤を積み重ね、最終的にはこのサイトを閲覧しているユーザーさんの多くがペットと何らかの関係がある事、そしてプレゼントを探している人である事という状態を目指します。

ペット飼い主さんへの誕生日プレゼントにいかが?

このフレーズでWEBサイトの運営をしていますが、これは少し長く、また漠然としているのでお客様にお店を見つけてもらうことは少し難しいです。

では、今思いついた案ですが、こういうのはどうでしょう。

『ペット関連商品で、プレゼントしたら喜ばれそうなものをご紹介する。』

つまりライバル店を紹介するわけです^^;;汗汗

当店の商品はオーダーメイドですし、他のお店の商品とは趣旨も違えば値段も違うし、オーダーゆえに注文のハードルも高い。

ですので商品が競合することはあまりありません。

プレゼントは贈る相手やシチュエーション、ご予算などでどんなものを贈るかが大きく変ります。

お友達への贈り物でご予算が1,000円くらいであればキーホルダーやストラップなどの手軽なものになりますし、とても大切な関係の人はお世話になった方、又は家族の記念日などではご予算が数万円という場合もあり、一生に一度の晴れ舞台ともなればお値段はあまり重要ではなくなってきます。むしろ値段よりも相手の人が喜んでくれるかどうかの方が重要に・・・。

そのような場合では当店のようにオーダーメイドの方が喜ばれたりもします。

プレゼントのシチュエーションのご提案

では、先ほどの後者の方に、とても大事な場面で予算も数万円ありこだわりのプレゼントを探しているお客様とはどんな方がいらっしゃるのか。

それをこれから探していきましょう。

道のりは長いかもしれませんが、お客さまにこれほど喜んでいただけていることを考えると私たちはもっとたくさんの人に知って欲しいと思う次第です。

 

犬好きのお兄ちゃんにプレゼントを・・・

ペットオリジナルグッズ

ペットの写真で作るオリジナルグッズ☆

ボーダーコリーグッズ

クッションやひざ掛けなど色々作ってます♪

商品の詳細

 

誕生日の思い出

「お兄ちゃんにプレゼントを?私が?」

 

兄の誕生日にプレゼントなんて上げた事なんか今までに一度も無い。

兄の誕生日と言えば、親から高いおもちゃを買ってもらっててうらやましかった記憶ばかり。

ラジコンを買ってもらったときの悔しさは今でも覚えてる。

同じ年になった自分には買ってくれなかったし。。。

 

お兄ちゃんの誕生日には楽しみがひとつだけあった。

それは、おじいちゃんから贈ってこられるケーキ。

みんなでお祝いをし、パパとママからのプレゼントを横目に覗き込んで、ママはハンバーグを作ってくれる。そしてご飯の後のケーキ。これが一連の儀式だった。

 

ちなみに僕の誕生日にはカレーライスだったな。

ほんとはハンバーグが食べたいときも、

「お前はカレーが好きだねぇ」

というママの言葉でいつもカレーをリクエストしてしまうのだ。

 

そんな事はさておき、私は今まで兄にプレゼントをあげたことなんて、誕生日はおろか、後にも先にも一度も記憶が無い。

そんな僕がプレゼントを贈ろうと考えている。

いったいこの心境は何なんだ?

 

我が家に犬がやってきた

事の発端は犬。

そう、兄が犬を飼い始めたことだ。

自分も犬は好きだが、飼うほどではない。

目の前に居れば頭をなでるのは楽しいが、一緒に寝るのはいかがかと思う。

たまにならかわいいが、家にいる間ずっとついて来るのも困る。

一人の時間も欲しいものだ。

しかし兄はそうではないらしい。

仕事から帰るや、すぐに散歩に行く。

早朝にも必ず散歩に行く。

それは台風でも来ない限り続く。

そして、毎晩一緒に寝ている。

 

実は兄は仕事で体調を崩し、休職を経て今復職を目指しているところだ。

一日2時間の出勤から始まり、今では定時まで勤めているらしい。

長い残業は今はしていない。

 

休職中に知人から犬を譲り受け、これは家族全員で飼う予定だったのだが、すぐに兄の愛犬になってしまった。

マロン(トイプードル)も兄に一番なついている。

外に散歩に出るようになり、それに合わせるように兄の体調も快復した。犬の力ってすごいんだね。

すさんでいた家庭内もすっかり笑いが増え、兄にも笑顔が戻ってきた。

そんなこんなで、もうすぐ兄の誕生日。

家族で何かお祝いをしようと言う段取りだ。

兄の誕生日企画

母さん(いつからか、ママとは言わなくなった)はハンバーグを作る。妹と私でプレゼントを考えようという運びだ。

ネットに疎い妹に代わり、僕が兄の愛犬にちなんだプレゼントを探すと言う次第だ。

今は誕生日のプレゼント探しネットだね。

こんな田舎じゃお店もないし。

 

ネットで見つけては妹に確認を取る。

妹は何を見せても「かわいー」と連呼し、なかなか決まらない。

結局僕が選ぶしかないか。

仕事で使えるものが良いかな?

犬柄のネクタイとか。

いや、仕事はまずい。家で使うものが良いかな。

犬のワンポイントの入ったTシャツとか。

ってか、何で俺がこんな事しなきゃいけないんだ?

最初は納得行かなかった私だったけど、愛犬グッズを見ているうちに悪くないと思えてきた。

うん、これも良いなぁ。こっちも良いなぁ。

兄が喜ぶ顔が目に浮かぶようだ。

なるほどね、プレゼントを贈るのが好きな人はこんな気持ちなんだな。

僕がプレゼントが苦手なほう。

もらった相手にだけ、仕方なくお返しをする。

贈らなきゃいけない相手(彼女とか)が居ると、必ず相手に欲しいものを聞く。

こうやってサプライズ的に探すのは滅多にないというか、ほとんどはじめての事だ。

さーて、誕生日まであと1ヶ月、ぐぐってググって、もうかなり詳しくなったぞ(笑)

 

猫と2人だけの誕生日パーティー、マイケーキのすすめ

ペットオリジナルプレゼント

ペットのお写真で作るオリジナルプレゼント☆

編物で出来たオリジナル作品

こちらは猫ちゃんのひざ掛け。

編物で出来ています。

商品の詳細

 

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのオリジナルグッズを作って10年。今年も頑張ってます☆

 

去年の春、私は41歳の誕生日を迎えました。

一人暮らしだった私に同居人が出来て最初の誕生日。

「同居人」というか、「同居猫」です(笑)

猫と二人で過ごした誕生日、不思議なものでした。

 

特に自分の誕生日だからと言って何をするわけでもなく、ケーキを買うわけでも、自分にプレゼントを買う訳でもなく、いつもと変わらない日常を過ごします。

ただ、母には産んでくれて育ててくれたお礼を伝えるようにしています。

母にとっては一生で一番忘れられない日でしょうから。。。

 

さて、自分の誕生日ですが、去年は猫と2人で過ごしました。

いつもはキャットフードのみですが、この日は大奮発して猫用の煮干でお祝い^^

わんちゃんならば犬用のケーキもあるようですが、猫用ケーキはあまり聞かないし、そもそもこの鳥取にそんなオサレなお店はございません(たぶん)。

よって、猫が一番喜ぶ煮干でお祝いです。

私はそもそもケーキを食べるという習慣がありません。

私にとってのケーキは、誕生日におじいちゃんが買ってくれるもの。誰かに貰う物です。

自分で買うスイーツといえばドーナツくらいかな。

実はドーナツが大好きなんです。

今年は自分用にドーナツ買ってこようか。

いや、普段から買ってるから誕生日くらいはもっと特別なものを買ってこようか。

それならば、別に誕生日に限らず、食べたいものをいつでも買ってくる私です♪

そうですね、ホールケーキ買って、実家を訪ねても良いですね。

母の好きなケーキ屋さんがありますので、そこのお店のケーキを持って、私はちゃっかり夕飯を頂いて、自分の誕生日にケーキを買って実家を訪ねるのも乙なものではございませんか。

家にいても猫はいつもの知らん振り。

犬のように私を見つめてたまにニャーと鳴く程度です。

 

誰も祝ってくれないなら、強制的にマイケーキでお祝いです♪♪

プレゼントを使ってくれない悲しさ

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

当店ではペットのお写真でオリジナルのグッズを作成しています。

ペットオリジナルグッズ

編物で出来たクッションです。

飼い主さまへのプレゼントにいかが?

猫の目

商品の詳細

 

改めましてこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

お客様から、また言われてしまいました。

「これは、もったいなくて使えない。」

とても喜んでいただき、嬉しいことではあるのですが、是非使って頂きたい。

いや、クッションをクッションとして使うのではなく、ソファーにおいて飾って頂きたいです。

「ナイロン袋から出せない」

というお客様が多いようですが、それでは価値が半減しちゃいますからね^^

だけど、確かにわんちゃんや猫ちゃんの中には噛み噛みしたり引っかいたりしたりして、すぐにぼろぼろになる可能性があります。

うちにいたムックなら、ものの数秒でぼろぼろにしていたでしょう。。。

そんなことになるくらいなら袋に入れてしまっておいた方が確かに良さそう。

使えないプレゼント

もったいなくて使えないプレゼントって、確かにありますよね。

周りの人に聞いてみたのですが、高級品で消耗品、これは使えないそうです。

例えば高級な化粧品。

私は男なので化粧品については良く分からない^^

意外と使わないのがブランド品。

持っていく場所が限られるのかもしれませんね。あまりそういうものが似合う場所に行かないので・・・

例えば、最近はすっかい減りましたが立食パーティーとか、又は結婚式に御呼ばれした時、クラシックコンサートを聴きに行くとき、高いう時はブランド品を見に付けたりブランドバッグを持っていくと良いでしょうが、普段スーパーや本屋さんに行ったり、友達とご飯食べに行ったりするときにブランドバッグはあまり似合いません。

自分の生活スタイルに合ったプレゼントの方が良く使うのかもしれませんね。

気に入っているけど使う機会が少ないのはまだ良いでしょう。

むしろ自分では買う機会が少ないのでプレゼントされた方が嬉しいかもしれません。

では、もらって困るプレゼント、という意味で使えないものをもらった時は?

良くありますよね。。。ちょっと口に出しづらいけど^^

捨てるわけにも行かず、使う気にもなれず。

だけど、私は思うのです。プレゼントとは、気持ちであると。。

 

例えば、もらった相手が、自分にとって大事な人だったら・・・

子供からもらったプレゼントを喜ばない親はいないでしょう。

それはおそらく覚えた手の字で描いた手紙であったり、上手とはいえない似顔絵でも、親にとっては最高に嬉しいプレゼントになります。

大事なのは気持ち。

自分の気持ちを押し付けたプレゼントになっていませんか?

差し上げるのが好きだから・・・、手作りの○○を作ったから使って欲しくて・・・、等など、自分の都合で贈っていませんか?

相手の事を思った贈り物をしたいですね。

そういう意味で、子供さんが大好きなお母さんやお父さんに贈るプレゼント、これが世界で一番素敵な贈り物かもしれません^^

 

 

手作りのプレゼントが喜ばれるときと、嫌がられる時

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

ペットのお写真でオリジナルグッズ作ってます。

ペットオリジナルグッズ

こちらはわんちゃんのクッション。

写真をもとにしたオーダーメイドです。

猫の目

猫ちゃんの瞳。

編物の作品です。

商品の詳細

 

改めましてこんにちは、ファンデルワンの三浅です。

私たちが作成するペットオリジナルグッズは主に飼い主さまへのプレゼントにご利用頂いています。

みんな喜んでくれるかな?

リピーターさんあり、お礼のメール毎日数件あり、お客さまの反応は良いようです。

さて今日のテーマは、手作り品はプレゼントとして喜ばれるのか。というお題^^

私はこんなお仕事させてもらっていますが、自分ではプレゼントを選ぶのが苦手で、相手の人と一緒に買いに行き、一緒に絵ガブ方が好きです。

そして、自分の趣味でバッグも作っているのですが、知人から時々作って欲しいと言われます。

手作りバッグです。

手作りバッグのイメージ

しかし、作って欲しいと言われても、色や素材、デザインなど様々の要素が絡みます。

自分が作るものが相手の人に喜ばれるかどうかは全くの未知数。

自分の好みで作って良いものかどうか悩ましいところです。

そこで、色々なデザインパターンを描いて見ます。

デザイン

やっぱりトートバッグが一番簡単です。

そして革素材なのでシンプルにした方が素材感も楽しめるし、人によって好みの差も少ないので作りやすいです。

こんな感じでどうですか?と相談するようにしています。

もちろん自分が作れる範囲内で。

設計

デザインが決まれば設計図を描きます。

そうは言っても、トートバッグだし、裏地無しなので簡単ですけどね。

このようにして作ったものはとても喜ばれるようです。

もちろん本革を使えば素材が良いですので高級感も出ますし、私も人に上げるのはもったいないなぁ、自分で使いたいなぁと感じることもしばしば^^;;

 

これがもし、頼まれもしないのに、自分で作ったものだからと言って誰かに差し上げて回っていたとしたらどうでしょう。。。

実は私も以前そうやって受け取っていた事があったのです。

自分が使うものならまだ良いのですが、私の好みでは無い物であったりそもそも使う機会の無い物をもらっても。。。

そして、お礼もしなきゃいけないし、と思ってしまいますしね。。

 

プレゼントや贈り物は、相手に喜ばれることはもちろんですが、相手に気を使わせないことも重要ですね。

 

今回のバッグは喜んでもらえるかな?

でも、作って欲しいと頼まれたものだから、出来る限りの努力をしてみます☆

 

 

プレゼントで差をつけたい

ペットオリジナルグッズ

ペットのお写真でオリジナルのクッションやひざ掛けを作成しています。

猫の目

こちらは猫ちゃんの瞳。

編物で作ったクッションです。

商品の詳細

皆さんこんにちは、ファンデルワンへようこそ。

飼い主さまへのプレゼントに、編物で作ったペットオリジナルグッズはいかがですか?

お客さまのご利用用途は様々ですが、時々このようなご依頼を頂きます。

『お誕生日パーティをするのですが、プレゼントで友達と差をつけたいのです。』

というご依頼。

わん友さんのお誕生日パーティーは友達数名が集まってプレゼントを贈るそうです。

メンバー全員がお誕生日のときにお祝いをしますので年に数回プレゼント選びの日がやってきます。

いつも同じようなものを贈るのは心苦しく、また友達とお品がカブってもいけません。

そして、他の方が贈る物よりも差をつけて良いプレゼントをしたい。

という、ちょっと変わった商品をお探しの方が多いです。

そこで、お客様から

「友達と差をつけた物を贈りたいと思っていたら偶然こちらのサイトにたどり着いた」

といわれるのです。

嬉しい気持ちと、ちょっと恐縮しちゃう気持ちの入り混じり^^

他の方が贈られるものも全て、誕生日のお祝いというのは嬉しいものですからね☆

 

でもその中で当店を選んでくださったことはとても名誉なこと。

頑張って良い作品作ります!

当店では全てオーダーメイドになりますので、毎回その作品が世界でひとつ、飼い主さまにとっては世界で一番かわいい作品になります。

自分のペットをかわいがる気持ちが大きければ大きいほど、オーダーメイド商品は喜びが大きいのかもしれません。

今日も良い作品作りますね!

 

元気が一番の宝物/おばへのプレゼント

ペットオリジナルグッズ

ペットの写真でオリジナルグッズを作成しています。

猫の目

こちらは猫ちゃんの瞳。

編物で作ったクッションです。飼い主さまへのプレゼントにいかが?

商品の詳細

皆様こんにちは、ファンデルワンへようこそ。

先日、おばの家にお邪魔して来ました。

おばの家には実はファンデルワンのクッションがいくつかおいてあります^^

試作品や見本用で作った物の処分に困っていましたら、おばが欲しいと言っていたのでプレゼントしたのです。

ファンデルワンが始まった当初だったのでもう10年前の事ですが、今でも応接室のソファにたいせつに飾ってくれていて、お客様からも好評だそうです。

 

そのおばの所へ行き、薪ストーブの燃料となる薪をもらって来ました。

叔母も枝木の整理に助かると言ってくれますし、私もストーブの燃料が手に入って互いに嬉しい限りです。

作業後は家族親戚の近況報告。

叔母も60歳を越えまして、子供の頃から親しんできた家族親戚が、ふと気付けば高齢者。時間の流れは怖いですね^^

祖母の様子を見に行ってきたことや、互いの家族の近況などを話し、やっぱり元気が一番、健康が一番だなぁという話をしました。

 

そういえば、この叔母は元々の職場は銀行。

職場やお客さまへ当店の商品を口コミで紹介してくれていました。

その方たちも飼い主さんへのプレゼントやご自宅用に作成され、喜んで頂いています。

そして亡くなったペット達の思い出の品を作成したときには・・・

「こんなの作ったらまた泣いちゃうでしょ。」

と、ご家族に泣き喜びされたとか。。。

一番辛い時期は過ぎ、皆さんが元気になりつつある頃だったようです。

さて、10年前の当店の作品も見させてもらい、私も少し初心に戻ることが出来ました。

今日からまた新しい気持ちで頑張れそうです。

毎日が、人生ここから始まる。

昨日より、明日より、今を大事にしてクッション作りに頑張ります。