ペットロス、犬猫その他ペットの死を理由に会社を休む方法と注意点

ペットが亡くなった時、ほとんどの人は仕事なんて手に付かないでしょう。

私たちも愛犬が亡くなった時、しばらくの間は仕事中に急に寂しくなって泣きそうになった事もあります。

また、私の知人で銀行関係や官公庁に勤めている職員でも、仕事には行ったけれど全く仕事が出来なかったと言う人もいます。

そこで、ペットが亡くなった時に仕事を休む事について考えてみました。

ペットロスに対する会社の理解度

残念ながら、多くの会社ではペットロスに対する理解は少ないのが現状のようです。

パワハラやモラハラでさえこの数年でやっと理解や対策が出来つつある現在、ペットロスへの理解がある会社はごく少数に限られているようです。

会社から休暇許可が得られなかったり、同僚から冷たい言葉を浴びせられたりする人もいます。

自分が気にしなければ良いという人もいますが、大切なペットの死を簡単にあしらわれるのは気分の良いものではありません。

人によって価値観は違いますし、ペットを飼った事が無い人には気持ちを理解するのは難しいかもしれません。

そこで、ペットロスで辛い時に会社を休む方法について考えてみたいと思います。

ペットロスで仕事を休む方法

ペットロスに対する理解がある会社もあります。

それらは主にペットに関する仕事をしている職場に多いようです。

会社全体でペットへの愛情を持っている証であり、素敵な社風だと思います。

そのような場合はペットの死を理由に休暇を取れるでしょう。

しかし、そうで無い場合はどうしたら良いでしょうか。

有給休暇、病欠をもらう

家族や親族、又はとてもお世話になった方などが亡くなった時、会社を休む為に忌引休暇という制度があります。親や兄弟の場合は何日間、親戚の場合は何日間と言う決まりもあります。

ただ、これは人が亡くなった時の休暇であり、ペットには適用されません。

ペットが亡くなった時は有給休暇をとります。

有給休暇の場合、休む理由を会社に伝えなくても大丈夫です。

仕事を休む理由の伝え方

しかし、「何かあったの?」と聞かれる場合もあります。

その時は「ペットの死」と伝える必要はありませんが、嘘を言うのもいけませんので体調不良や家庭の事情などで良いと思います。

ペットの死が理由だと伝えると「そんな事で休むなんて・・・」と思われる場合もあるそうですので注意してください。

2日以上休みたい時は

また、精神的に辛い場合は病院へ行ったりカウンセリングを受けたりして、診断書を書いてもらうと長期間休む事が出来る場合もあります。

有給・病欠・欠勤、どれに当たるかは後日職場に聞いてみて下さい。

ペットの死で会社を休む時の注意点

職場への配慮

休む時は職場への配慮が必要になります。

風邪で長期間休んだ時も、職場にひと言謝ったりしますよね。

例えばどうしても休む事が出来ない仕事を抱えている時は、一日だけ仕事を頑張って次の日に休むとか、誰か別の人に仕事の代理を頼むなど社会人としての良識ある行動を取ると良いでしょう。

休む理由について

先ほども少し触れましたが、休む理由をいう時に「ペットの死」と直接言わないほうが良さそうです。

残念ながら、理解されない場合が多いですし、仮に会社は理解してくれたとしても職場のメンバー全員から理解を得られる事は少ないです。

「そんな事くらいで・・・」と思われる事の方が多いようです。

嘘をつくのはいけませんが、体調が優れないのは事実でしょうし、仕事に出ても周りに迷惑を掛ける可能性もありますので「体調不良」や「家庭の急用」などを理由にするのが良いと思います。

どうしても休めない時の対応の仕方

どうしても休めないと言っても、遺体をそのまま何日も安置し続けるのは不可能です。

そこで、どんな対応策があるか調べましたので、仕事を休めず、ペットの葬儀が出来ない場合はどうしたらいいの?をご覧下さい。

休みやすい仕事、休めない仕事

休みやすい仕事

ペット関連の企業も増えてきました。また、社長がペットを飼っているという会社もあるでしょう。

そのような場合はペットが亡くなった時の休暇をとりやすいようですし、ペット用の休暇も設けているかもしれません。

当店ではペット用の休暇はありませんが、特別な理由がなくても有給休暇を取れますので、私が今飼っている猫が亡くなった時には有給を使って葬儀を出す事になります。

休めない仕事

休む事ができない仕事もあります。

例えば、自分の代わりを誰かが対応してくれる場合は休みやすくなりますが、自分しかできない仕事を抱えている人は休みづらいでしょう。

また、取引先やお客様との打合せなどの予定が入っている場合は迷惑が掛かりますので、その日はどうしても休む事ができなくなります。

そのような仕事を担当している人は、休めない事を承知の上でペットを飼っている人が多いようです。

お客様の様子

当店ではペットのメモリアルグッズを作成している関係もあり、お客様や私の友人から色々なお話を伺う機会があります。

ある人は、ペットが亡くなった時に会社を休んで叱られたというお話をうかがいました。

それを不満に思っているのではなく、自分の失態に責任を感じていらっしゃるようでした。

そこで自分を責める必要は無いと思います。

おそらく体調が優れなかったのは事実でしょうし、無理に出勤して仕事で失敗しても良くありません。

旅行に行くとか、リフレッシュ休暇で休むことが普通に許される時代ですから、休む権利を行使しましょう。

当店は家族で会社を回していまして、私の父が社長、母が工場長、従業員は全部で現在10名おります。私は経営者ではないとは言え、経営側の人間です。私の考えですが会社を休むのは従業員の権利ですのでどんな理由であっても休めるのではないかと思うのです。

例えば、旅行や遊びに行くから休むと言うのも正当な理由です。

実際のところ私は来月連休を使って沖縄に行きますので一日だけ会社を休みます。その時は休暇を取って既に社長にも伝えてあります。

ペットが亡くなったからという理由も会社を休む理由としておかしくはないと思うのです。

もちろん、社会人としての常識や良識は持っておくべきです。

無断欠勤は駄目ですし、大事な会議や打ち合わせがあるならばどうしなければならないかを考える必要はあると思います。

会社に休む事を伝える時も、ペットが亡くなったからという具体的な理由まで言う必要は無いかもしれません。体調不良とか(事実体調は良くないでしょう)、申し訳ないですが家庭の用事で・・・等と伝えれば良いと思います。それでも具体的な理由を聞かれてから初めて本当の理由を伝えればよいでしょう。

事実としてペットが亡くなると亡骸を放っておく事はできません。恐らく葬儀に出されると思います。次の休日まで何日もかかる場合もあるでしょう。そうなると会社を休まざるを得ないのは当然ですよね。

私も猫を2匹飼っています。

家族経営ですので休みやすい環境ですしペット関係のお仕事をさせて頂いているので、葬儀の為にちょっと1時間仕事を抜けるとか半日休む等の事もしやすい恵まれた環境です。

皆様のご苦労はあるかと思いますが気持ちを理解してくれる人はいると思いますので、周りの方にも相談されてみてください。

もしかしたら上司のかたもペットを飼っていることもあるかもしれません。

会社によって色々な考えがあると思います。

一人で判断できない事は是非周りの人に相談してみて下さい。

アドバイスにはなっていないかもしれませんが、一人で悩まないで下さいね。

大事な話しですから、分かってくれる人はいるでしょう。

休んだほうが早く元気になれる

一日しっかり休んでペットを弔ってあげて、一通りの儀式をしてあげましょう。

その日は一日中辛いと思いますが、全ての手続きが終える頃には心も少し落ち着いてきます。

我が家でも愛犬を午前中に火葬場に連れて行き、午後は家でゆっくり過ごしました。

特に何をするわけでもなく寂しい一日でしたが、ゆっくり休んだ事でその後の立ち直りも早かったと思います。

ペットロスの経験談と克服方法へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする