ペットが亡くなった時のお供えとお悔やみの贈り物

ペットの思い出の品

ペットを亡くした家族や友達に元気になってほしい、又は慰めてあげたいと考える人は多いでしょう。当店では思い出の写真でオリジナルグッズを作っていますので、ペットを亡くした人への贈り物にご注文頂くこともあります。お悔やみの品やお供えのように寂しくならないよう、かわいくて部屋に飾っておきたくなるような元気になれる商品を心がけています。

抱きしめるクッション

詳細はこちら

このような贈り物をする時にはどんな事に気をつけたら良いでしょうか。

また、ペットロスの人へのプレゼントは他にどんな物があるでしょうか。

今回はペットを亡くした人への贈り物について考えてみましょう。

  • 贈り物をする時の注意点
  • ペットロスのプレゼント
  • プレゼントに使われている例
  • お客様の声

贈り物をする時の注意点

贈り物は相手の精神状態を考えて

猫の一周忌

こちらは猫ちゃんを亡くされたご友人への贈り物として注文されたクッションです。

ペットとの別れを偲んで贈り物をする場合、相手の状況によってお勧めの商品は変わってきます。

もしも酷いペットロスに陥っている場合や精神的に不安定になっている時は、そのプレゼントが悲しみを大きくさせてしまうこともあります。

私たちも愛犬を亡くした経験があり、ペットを亡くされた方のお気持ちは分かりますので、ペットロスのプレゼントとしてご注文を頂くのが当初はとても複雑な気持ちでした。

悲しさを思い出させてしまうのではないか、またはまだ気持ちの整理が出来ていなかったら返って失礼にあたらないだろうか・・・など思っていたのです。しかし、どうやら皆さん大変喜んで頂けているようで、受取人様から直接お礼のご連絡を頂くこともあります。

親しいお付き合いのあるご家族やお友達だからこそ相手の気持ちも分かり、メモリアルグッズを贈るのでしょう。元気になってほしいという応援の気持ちが届くよう願っています。

参考記事:相手の人が元気になったプレゼント

寂しくても明るく元気に振舞っている人がいます。そんな時こそ気持ちに沿った贈り物が出来ると良いですね。

お届け先様から直接お電話を頂く時は、最初はとても元気な口調でお電話していてもだんだん寂しそうになってきて涙をこらえる方もいます。皆さんが寂しくても頑張っているのですね。そのような方へ優しくしてあげるととても喜ばれます。「体調はどう?無理してない?」と聞いてあげるだけでも良いでしょう。

その人が話し始めてくれたら、お話しを聞いてあげて下さい。それだけでも気持ちが楽になると思います。

一緒に読まれている記事:ペットを亡くした人にかけてあげる言葉

メモリアルグッズをプレゼントするタイミング

ペットを亡くした人へメモリアルグッズを贈るタイミングはとても難しいと思います。相手がどの程度悲しんでいるか、どの程度元気なのかで変わってくるからです。相手の様子を見ながら慎重に検討してみて下さい。

当店の場合はペットを亡くしてすぐに贈る場合には一日でも早く届けて欲しいと言われます。また相手の方の誕生日やクリスマス等にプレゼントされるケースも多いです。

詳しくはメモリアルグッズをプレゼントするタイミングをご覧下さい。

ペットロスのプレゼントとして使われるメモリアルグッズ

それではどのような商品に人気があるかご紹介します。

クッション

ペットオリジナルグッズ

お悔やみの際に贈り物として一番良く使われるのはクッションです。

抱きしめる事ができますし、ペットがいつも寝ていた場所に飾っている人が多いようです。

クッションの詳細はこちら

編物アートDuo(ひざ掛け)

愛犬オーダーメイドグッズ

ひざ掛けはクッションに比べてお値段もお求め安く、贈り物としてリピート購入される方が多い商品です。デザインやサイズで価格が変りますので詳細は編物アートDuoをご覧下さい。

ひざ掛けハーフ

ひざ掛けハーフ

ひざ掛けハーフはお顔のみをかわいくデザインします。写真の背景は消したい、でも価格は抑えたいと言う方へお勧めです。

ひざ掛けハーフの詳細はこちら

その他のおすすめプレゼント

当店で作っている物以外のお勧めの贈り物もご紹介します。

もし祭壇を設けていらっしゃるならお供え出来る物が良いでしょう。かわいいお花は励ましにもなりますし、写真立てを贈ってあげれば祭壇に飾ってもらえます。一緒に遊んだ時に写真を撮っていればそれを現像して写真立てに入れてプレゼントしてあげると喜ばれると思います。

写真を飾るのさえ辛いという人もいらっしゃいますので相手の方の様子を伺ってから何を贈るか判断するのが良いでしょう。

写真アルバム、写真集

ペットのアルバム写真整理

ペットの写真はたくさん撮ってあると思います。それらを印刷し、一冊のアルバムを作って見ませんか?出来ればコメントを入れたり、飼い主さんがコメントを書く欄も用意してあげてください。

関連記事:ペットの写真を印刷し、アルバムを作り、コメントを書く

また、写真集もお勧めです。

ペットのフォトブック

これは私たちが作ったフォトブックです。カメラのキタムラさんで作ってもらいました。

印刷した写真を貼り付けるアルバムとは違い、ちゃんと製本されますので高級感が増します。

文字や短い文章を入れることも出来ますので、思い出の場所やその時の気持ちを書いてあげても良いですね!特に家族で飼っていたペットの場合は誕生日などの記念日を入れたり、始めて家に来た日の写真を入れてあげると更に思い出深くなると思います。

ぬいぐるみ

ワンちゃんのリアルなぬいぐるみ

このトイプードルはとてもリアルに見えますが、実はぬいぐるみです。素材は化繊ですが、体や腕の質感、毛並みまでもリアルです。

写真を使ったオーダーメイドもありますが、それらは高額になります。このトイプードルは既製品で6,000円くらいで買ったものですので、プレゼントとしても良いと思いますよ☆

遺品をリメイクした物

遺品を何に加工したり、持ち歩けるようにしてみてはいかがでしょうか。ペットの毛でストラップを作ったり、遺骨をカプセルに入れてペンダントにしたりすることが出来ますし、使っていた首輪やお洋服などをDIYで加工してキーホルダーなどを作る方もいらっしゃるようです。

猫の首輪

これは我が家の猫の首輪ですが、猫が旅立った時にはこの首輪でストラップを作りたいと考えています。

関連記事:ペットの形見を残すアイデア集

ペットお悔やみギフトとして使われている例をご紹介

親しい方への贈り物

家族や恋人など、特に親しい方がペットを亡くした場合の贈り物として使われる事が最も多いです。

大切な人が愛犬や猫ちゃんを亡くし、ペットロスになっている時に何かしてあげたいと思っても具体的に何をしたら良いか分かりません。私達に出来ることは限られるでしょう。

そんな時に、せめて少しでも慰めになればと言う願いをこめて何か贈り物をしたいと思い、調べていると当店を見つけたという人からご注文頂いています。

ペットが亡くなるたびに注文されるお客様

何度もご注文下さるお客様が何名かいらっしゃいますのでご利用目的を伺ったことがあります。

すると、『ペットを亡くされたお友達への贈り物です』と教えて下さいました。

その方は保護犬の里親募集の活動をされていて、里親さんとはその後も連絡を取り合っているそうです。引き取り手の少ない成犬を引き渡すことが多く、また保護犬は寿命が短い事もあるそうで、何度もご注文下さっています。

お勧め商品:何度もご利用になられる場合はお値段も抑え目のひざ掛けハーフが良く使われています。

慰霊や慰めの品を贈る時の気持ち

ペットをきっかけにして知り合った交友関係の皆さんはお互いにプレゼントを贈り合うこともあるようです。誕生日に贈る人もいれば、亡くなった時のメモリアルグッズとして贈る人もいらっしゃいます。

亡くなった時の贈り物にご利用頂く場合は、お互いにかなり親しい関係である事が多いようです。悩みを聞きあったり、家族や恋人同士であったり、相手の気持ちが良く分かる間柄のようです。

心がデリケートになっている時期ですので贈り物をしても良いのか、またそのタイミングはいつが良いのか、ちゃんとお気使いされていらっしゃるようです。

友達数名でプレゼント

友達の誕生日プレゼントとして、数名で集まって亡くなったペットのオリジナルグッズを贈るケースをご紹介します。

愛犬や猫ちゃんが死んでしまったと言う友達へ、何かしてあげたいと思い皆さんで相談してオリジナルグッズを作ってあげたいというお客様です。

そのお友達(飼い主さん)はとても幸せですね。

傍にいてあげられない時

友人が飼っていた猫が亡くなり、連絡が来ました。側にいてあげたいけれど遠方の為にすぐに行くことが出来ません。そこで友達と相談し、何か出来ることはないかと考えてメモリアルグッズを贈ろうと思いました。

このような内容のメールを良く頂きます。メールや電話で精神的距離は近くなりましたが、実際に傍にいて顔を見るとまた力も出てくるものです。それが出来ない時は何か贈り物をしてあげると良いかもしれませんね。

猫のオリジナルクッション

オリジナルクッションの詳細はこちら

お客様の声

ご家族へのメモリアルプレゼントとしてのご注文下さった方からはお届け後にお礼のメールを頂く割合が高くなります。レビューに投稿して下さった内容をご紹介致します。

2015 年 7 月 23 日 10:53 AM
この度は、お世話になりました。
愛犬を亡くして落ち込んでいた妹への誕生日プレゼントという事で、急でしたが日にちも間に合いおかげ様で素敵なBDとなりました。
確認の為にブランケットの箱を開けた瞬間、渡す側の私がすでに涙涙でした。
ニットがとても温かい気持ちにしてくれたのだと思います。
そして妹も、ニットでできたリボンの足跡マークを見て「もしかして?フェアリ(愛犬)?」と言いながら開ける前から涙涙で、開けてからは母と私と妹とで涙涙でした。
すごく喜んでくれて「大切にするね」と話してくれました。
素敵なプレゼントができた事を嬉しく思います。
本当にありがとうございました。
また機会があればよろしくお願い致します

愛犬を亡くした人へ

素敵なクッションをありがとうございました。
娘の誕生日プレゼントに贈りました。
16年半を共にすごした家族のルクが亡くなり、直ぐにクッションを依頼しました。まだ悲しみも癒えてないのに早いかな?とも思いましたが、老犬介護仕様だった家が、日に日に人間仕様に変わりゆく中で、ルクを増やしてあげたかったのです。
クッションを見た娘は「ルクだ〜」と泣きました。私も泣きました。
娘はルクを抱くようにクッションを抱いています。
本当に素敵なプレゼントをありがとうございました。

ルク

私達に出来ること

ペットロスを救ってあげたい

お客様の作品をお作りしていて分かってきたことがあります。それは、悲しい気持ちを誰かに分かってもらえると立ち直りが早いという事。

メモリアルギフトをもらった人は「私の悲しみを分かってくれている」と感じてくれます。

自分は1人じゃない、私のことをちゃんと見てくれている、そう感じることで元気を取り戻す事が出来ます。

お客様は涙を流すほど喜ばれるようです。涙は心を浄化させると聞いたことがありますが、皆さんの心が少しでも楽になれれば幸いです。

愛犬オリジナルクッション

ペットを亡くした人に掛ける言葉

ペットを亡くした人へ出来ることは、贈り物だけではありません。優しい言葉を掛けてあげることも大事な事ですし、それだけで心が救われたり楽になったりするときもあります。泣いている相手にどんな言葉を掛けてあげたらよいか、何か元気付けてあげる贈り物はないか、ペットを亡くした人にかけてあげる言葉のページを参考にして見てください。

私達に出来ること

周りの方は、ただ傍にるだけで良いのかもしれません。

出来るならば、話を聞くだけで良いのかもしれません。

思い出の写真を見たり、一緒に遊んだ話や好きだったオモチャの話しや、お気に入りのお洋服の話しを聞いてあげて下さい。

私達はメモリアルグッズを作る仕事をしています。

メモリアルグッズの役割は、もしかしたら飼い主さんが泣ける場所を作ってあげる事なのかもしれないと思うようになりました。

最初は悲しいと思います。その悲しむ時間がたいせつなのだと気付きました。

そして時間が経てば少しずつ笑顔を取り戻すようになって来るでしょう。

それは悲しい気持ちが無くなったのではなく、悲しみと一緒に生きていく準備が整った時だと思うのです。

メモリアルグッズは心に開いた穴を埋めるお手伝いなのかもしれません。

いっぱい泣いた後は、いっぱい笑おうね。

その方が天国のペット達も喜ぶと思うのです。

お店のご紹介

当店の『ファンデルワン』という名前はペット達とお互いに引き付けあう力という意味が込められていまして、作品はペット達からの贈り物という気持ちを込めて作成させて頂いております。

私たちは何も知らされていなくても、たまたま亡くなったペットの誕生日に商品が届くこともあり、何か見えない糸で繋がっていると感じることもあります。

メモリアルグッズとして贈られたプレゼントは誕生日などのプレゼントとは違い、お礼の返信率も高く、長文のメールを頂く事もあります。贈る相手が家族の場合はご自身も同じ悲しみを感じているでしょうし、友達に贈る場合もお互い気心知れたかなり親しい間柄で相手の気持ちが良く分かるのだと思います。お届け後に「一生大事にします」「これからも思い出と一緒に生きていける気がします」などの言葉を頂けると、作ってよかったと感じます。

悲しみの中にいるとき、無理に元気付けようとしないほうが良いと思います。

自分自身が悲しい時は無理に元気に振舞うと反動で辛さが増す可能性もあります。

無理をせず、ゆっくり過ごし、悲しい気持ちに浸りましょう。

自分が泣ける場所を大切にして下さい。

別れは辛いものですが、辛さはいつまでも続くものではないと思います。辛さを乗り越えるという事はこれから心の中でずっと一緒に生きていけると確信できた時だと思います。

皆さまの心が少しでも安らぎますように。。。

合わせて読みたい記事

他の方はこんな記事も読んでいます。

メモリアルグッズ

ペットの写真で作ったオリジナルグッズをプレゼントして元気になった人の紹介や、オリジナルグッズの種類、またそれらを注文するときの注意点などをご紹介。

ペットのメモリアルグッズ

メモリアルグッズのページはこちら

家族がペットロスになった時に元気付けてあげる方法

身近な人がペットロスになってしまったときの対応の仕方や、贈り物をする時のアドバイスなどをご紹介。

続きはこちら

ひざ掛けハーフ

メモリアルのプレゼント

メモリアルグッズとしてご利用頂いている皆さんの様子を物語り形式でご紹介します。ペットが亡くなったタイミングで贈られる場合と、相手の誕生日をきっかけに亡くなったペットのグッズを贈る場合の2パターンに分かれますのでご注文の参考になれば幸いです。

ペットを亡くした友達への誕生日プレゼント

なんだか元気のない友達。その理由は愛犬との死別だと分かり、仲の良い友達が元気付ける為に悩みながらも誕生日のお祝いをするお話しです。

愛犬を亡くした家族への応援のプレゼント

家族のペットが亡くなった時、家族全員が悲しいと思いますが特に一番世話をしていた人がペットロスになるケースが多いようです。それは妹さんだったりお母さんだったりするようですが、その家族を救うために色々考えている皆さんからのご依頼が一番多いと思います。家族親戚で贈り合うペットメモリアルグッズのお話しです。

メモリアルグッズについて、家族の意見の違い

家族でも人によってペットを亡くした悲しさは違います。お母さんは寂しいからメモリアルグッズを作りたいと言うし、お父さんは寂しくなるから作りたくないという場合もあるでしょう。実際にそんなお客様がいらっしゃったのでご紹介致します。

ペットを亡くした同僚へ

職場でペットグッズを贈る場合もあります。ペットを亡くしたスタッフへの慰めのプレゼント用です。ペット関連の会社が多いようですがそれ以外でも送別会などで贈るプレゼントとしてメモリアルグッズを贈られているようです。

ペットを亡くした人への対応,言葉,贈り物、記事一覧へ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする